ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識 オカルト

“入眠時幻覚”は金縛りの正体?

投稿日:

はじめに

金縛り・・・

あなたは遭ったことありますか?

 

突然体が動かなくなってしまい、怖くて仕方ないんですよね~(;’∀’)

 

世間でよく言われるのは霊の仕業、疲れが引き起こす体の異常、脳だけが覚醒していて身体は起きられていない状態などですが、あなたは”入眠時幻覚“という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

今回はこの”入眠時幻覚”について書いていきたいと思います。

 

 

“入眠時幻覚”とは?

入眠時幻覚とは、文字通り入眠時に起こってしまう現象です。

 

37cb13d565db784408f876f7ad90eae0-300x165

 

自分以外に誰もいないのに人気を感じてしまったり、奇妙な生き物や化け物が自分に襲い掛かってくる幻覚を見てしまうのです。

妙にリアルで生々しすぎるのも特徴です。

 

私も一度だけ体験があるのですが、恐ろしくリアルでした・・・

夜、大きな音が原因でふと目が覚めてしまったのですが、またすぐに寝ようとしました。

その瞬間、布団の中から全身が黒い人間のような化け物が出てきて、私の手を掴んで上半身を起こしてきたのです。

この時、体は金縛り状態にあったのですが、あまりの恐怖に「ひ、ひぇぇぇ(泣)」のような情けない声を絞りだしてしまいました(;’∀’)

声が出た瞬間に黒い化け物は消え去って、情けない思いと恐怖だけが残りました・・・

 

以上が私の実体験になるのですが、めちゃめちゃ怖いのに金縛りで動けないってのは、ものすごく辛かったです(´・ω・`)

 

 

併発する金縛りは”睡眠麻痺”とも

入眠時幻覚と併せて起きてしまう金縛りは医学的には”睡眠麻痺“と呼ばれています。

 

入眠時幻覚と併発することが多いので、幽霊や化け物の仕業だと勘違いされがちですが、一種の睡眠障害だということが科学的に証明されているんですよ。

 

 

“金縛り(睡眠麻痺)”を防ぐには?

金縛り(睡眠麻痺)は科学的に証明されるくらい研究が進んでいるので、予防方法なども存在します。

 

金縛り(睡眠麻痺)の予防方法
  1. 仰向けで寝ないようにする
  2. 睡眠不足状態にならないようにする
  3. 過剰なストレス、疲れを溜めないようにする
  4. 興奮した状態で寝入ろうとしない
  5. 寝心地の良い寝具を使用する
  6. 身体に重いものを載せて寝ない

 

以上のことを守れば金縛りに遭うことはそうそうなくなるそうです。

たしかに、ストレスと疲れがすごかった学生時代は毎晩のように金縛りに遭っていました・・・

 

これらを守っても金縛りになってしまった場合は、目をキョロキョロ動かしたり、腹式呼吸を試みて体を動かそうとしてみるといいみたいです。

どうしようもない場合は、そのまま寝てしまうのも手ですね(*´ω`*)

 

 

さいごに

以上が、入眠時幻覚についてとなります。

 

金縛りについての説明も多くなってしまいましたが、金縛りを防ぐことができれば入眠時幻覚も同時に防げると思うので、是非紹介した予防方法を実践することをオススメします(*´ω`*)

-豆知識, オカルト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

寝るときに真っ暗なのは体に良くないという事実

あなたは寝る時には常夜灯をつけて寝るタイプですか?それとも真っ暗にして寝るタイプ?  実は、最近の研究で真っ暗にして寝ることは睡眠の質を下げてしまう可能性があるという結果が出ている …
no image

人肉を食べると気が狂う?その理由とは

はじめにあなたは人の肉って食べてみたいと思ったことありますか?普通の人はないと思いますが、世の中には人肉を食べる”カニバリズム”に非常に関心を持っている人もいます。実際に、殺人 …
no image

黄金比と白銀比

黄金比と白銀比 みなさん聞いたことがあると思います。     人間が本能で美しい、バランスが良いと感じる比率です。   けれども、身の回りのどれが黄金比でどれが白銀比か知 …
no image

コーヒーフレッシュは体に悪い?

大人になると大体の人が飲むコーヒーや紅茶。その相方となるのが、グラニュー糖とミルクですよね。  グラニュー糖はまぁ普通に糖なのでいいとして、問題はこのミルク!ミルクなどと言って使っ …
no image

『ICL』レーシックよりも安全な目の手術

最近はコンタクトレンズやメガネだけにとどまらず、レーシックやオルソケラトロジーなど色々な視力矯正方法がありますよね。 そんな視力矯正の世界に新たな技術『ICL』が出てきました。 & …