ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

“ピーナッツ”の様々な呼び方と”ピーナッツオイル”の効果について

投稿日:

はじめに

あなたは”ピーナッツ”は好きですか?

私はアメリカ人お得意のピーナッツバターとか大好きです(*´ω`*)

 

ピーナッツ

 

けど、よく考えたらピーナッツって落花生にそっくりですよね。それと、収穫の前はどんな姿をしているのか知らないです・・・

 

今回は、ピーナッツのその辺の事情について書いていきたいと思います。

 

 

ピーナッツと落花生は同じ!その他にも色々な呼び方が存在します

ピーナッツと落花生・・・そっくりだけど違う種類なのかと思ってたら、なんと同じものだったみたいです!

 

他にも色々と呼び方があるらしく、『南京豆』『唐豆』『地豆』『底豆』『異人豆』などと呼ばれています。

 

原産地は南アメリカ大陸なのですが、その後それぞれの地域で栽培されて広まり、その地ごとに様々な名前が付いたみたいです。

 

 

ピーナッツの生え方と歴史

ピーナッツは豆類には珍しく、土の中で成長します。

 

SONY DSC

 

この生え方の珍妙さに加え、気候も適さないことからヨーロッパだけは古くからピーナッツの栽培をあまり行わなかったみたいです。

 

18世紀以前の北アメリカでは、ピーナッツは家畜の餌か奴隷用の食料として栽培されていましたが、南北戦争による食料事情の悪化により白人もピーナッツを食べるようになりました。このときに初めて『ピーナッツ』という名称が生まれたのです。

 

 

ピーナッツオイルの効果

ナッツ類全般に言えることですが、ピーナッツは油分をとても多く含んでいます。

食べるとその油分でニキビができやすくなるなどの話は有名ですよね。

 

しかし、このピーナッツに含まれている油。

不飽和脂肪酸である”オレイン酸“がたくさん含まれていて、悪玉コレステロールを減少させる効果があるのです。

また、”レスベラトロール“という抗酸化作用を持つポリフェノールも含まれていて、動脈硬化や高血圧の予防や老化を防ぐ効果に期待できます。

 

さらには、高い抗酸化作用で知られる”ビタミンE”も含まれていて、老化を防ぎ、血管をキレイにし血行をよくするのとともに、ホルモンのバランスを整えるので、冷え性や肌のシミなどを防ぐことができます。

 

しかし、これだけの効果を持つピーナッツオイルですが、油分の摂りすぎによるニキビとピーナッツアレルギーには十分気を付けるようにしましょう。

 

 

さいごに

以上が、ピーナッツについてとなります。

 

ちなみに、レスベラトロールはピーナッツの薄皮部分に多く含まれているので、できることなら薄皮ごとの摂取を心がけたいですね(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分にだけ音が聞こえるスピーカー”A Speaker”が開発中!

はじめに音楽や映画を大音量で楽しみたい!けど、音漏れで近所や周りの人に迷惑かけちゃうしどうしよう・・・ってお悩みの方に朗報です。 なんと、自分の耳にだけ音が届けられる、まるでマジックのような …
no image

『お日様の匂い』の真相

よく晴れた日にお布団や枕を干すと気持ちがいいものですよね。今回はそんなお布団干しに関する話。    『お日様の匂い』は日光の匂い?干した後の布団の匂いを嗅ぐとす …
no image

回転寿司の人気ネタ”エンガワ”の正体

はじめに全体的にあっさりとした味わいのお寿司。そんな中で、珍しく濃厚な味わいを持つのが”エンガワ”です。あまりにも濃厚すぎて青葉と一緒にシャリに乗っけてあるほど・・・&nbsp …
no image

小便器にある飴ちゃんの正体

はじめに男性諸君・・・最近はめっきり見なくなってしまったらしいですが、小便器に置いてある飴ちゃんを覚えていますか?  そう、これです。女性は全く見る機会がなかったと思いますけどね( …
no image

『GABA』体外からの摂取は意味がない・・・?

一昔前にチョコなどで流行った『GABA』 「ストレス社会で闘うあなたに。」というキャッチコピーで印象に残りましたね(*´ω`*)  今回はそんなGABAについて書いていき …