ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

“ピーナッツ”の様々な呼び方と”ピーナッツオイル”の効果について

投稿日:

はじめに

あなたは”ピーナッツ”は好きですか?

私はアメリカ人お得意のピーナッツバターとか大好きです(*´ω`*)

 

ピーナッツ

 

けど、よく考えたらピーナッツって落花生にそっくりですよね。それと、収穫の前はどんな姿をしているのか知らないです・・・

 

今回は、ピーナッツのその辺の事情について書いていきたいと思います。

 

 

ピーナッツと落花生は同じ!その他にも色々な呼び方が存在します

ピーナッツと落花生・・・そっくりだけど違う種類なのかと思ってたら、なんと同じものだったみたいです!

 

他にも色々と呼び方があるらしく、『南京豆』『唐豆』『地豆』『底豆』『異人豆』などと呼ばれています。

 

原産地は南アメリカ大陸なのですが、その後それぞれの地域で栽培されて広まり、その地ごとに様々な名前が付いたみたいです。

 

 

ピーナッツの生え方と歴史

ピーナッツは豆類には珍しく、土の中で成長します。

 

SONY DSC

 

この生え方の珍妙さに加え、気候も適さないことからヨーロッパだけは古くからピーナッツの栽培をあまり行わなかったみたいです。

 

18世紀以前の北アメリカでは、ピーナッツは家畜の餌か奴隷用の食料として栽培されていましたが、南北戦争による食料事情の悪化により白人もピーナッツを食べるようになりました。このときに初めて『ピーナッツ』という名称が生まれたのです。

 

 

ピーナッツオイルの効果

ナッツ類全般に言えることですが、ピーナッツは油分をとても多く含んでいます。

食べるとその油分でニキビができやすくなるなどの話は有名ですよね。

 

しかし、このピーナッツに含まれている油。

不飽和脂肪酸である”オレイン酸“がたくさん含まれていて、悪玉コレステロールを減少させる効果があるのです。

また、”レスベラトロール“という抗酸化作用を持つポリフェノールも含まれていて、動脈硬化や高血圧の予防や老化を防ぐ効果に期待できます。

 

さらには、高い抗酸化作用で知られる”ビタミンE”も含まれていて、老化を防ぎ、血管をキレイにし血行をよくするのとともに、ホルモンのバランスを整えるので、冷え性や肌のシミなどを防ぐことができます。

 

しかし、これだけの効果を持つピーナッツオイルですが、油分の摂りすぎによるニキビとピーナッツアレルギーには十分気を付けるようにしましょう。

 

 

さいごに

以上が、ピーナッツについてとなります。

 

ちなみに、レスベラトロールはピーナッツの薄皮部分に多く含まれているので、できることなら薄皮ごとの摂取を心がけたいですね(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

『処女懐胎(単為生殖)』1つの個体で増えていく生殖方法

普通、私達人間は男性と女性の異性同士がペアで存在しないと生殖することはできませんよね。しかし、動物の中には雄雌がペアにならずとも生殖できる動物が存在するのです。 代表的なものとしては、体細胞 …
no image

まぶしいとくしゃみが出る『光くしゃみ反射』

光を見て、まぶしいとくしゃみが出そうになりませんか?この光は太陽でも部屋の電気でも構いません。  この体の反応を『光くしゃみ反射』といいます。今回はこの反射について書いていきます。 …
no image

予想外の形にビックリ!?サメの卵のビジュアル

はじめにあなたはサメの卵って見たことがありますか?たいていの人は”キャビア”なら見たことがあるかもしれませんね。 しかし、実はサメの卵には色々とユニークな形をしている …
no image

馬の好物といえば?

【問題】馬の好物といえば何でしょう   あなたは何を思い浮かべましたか?? おそらくほとんどの日本人がこれを思い浮かべたと思います。     そう、『ニンジン』です。 & …
no image

国内水族館の『ラッコ』・・・減少し続ける原因は一体何?

愛らしく手を繋いだり、貝を石で叩き割る姿がキュートな水族館のアイドル・・・それは、『ラッコ』ちゃん!  実は、このラッコちゃん。昔は日本国内でも色んな施設にいたんですが、今となって …