ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

不吉なイメージを持たれる”彼岸花”その意外な秘密とは?

投稿日:

はじめに

すごい特殊で儚げなビジュアルをしている”彼岸花“。

その見た目やお彼岸のイメージから、ちょっと怖くて不吉な花と感じている人も多いかもしれません。

 

彼岸花

 

そんな彼岸花について、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

彼岸花は渡来植物だった!

彼岸花は日本らしいイメージがついていていますが、実はもともと日本にある在来種ではないのです。

 

おそらく、室町時代あたりに中国から入ってきたものだと考えられていて、人間の手によって植えられて繁殖したみたいです。

その証拠に離島や山奥などの純自然林には生えていません。人の生活圏にのみ見られます。

 

日本で植えて広まったのには目的があり、いざという時の飢餓に備えて植えられたらしいです。

この目的から、飢餓のときに生えていないと困るので、普段は食べられないように「彼岸花には毒がある」という嘘が広められました。

※実際に毒はあるのですが、水にさらせば抜ける程度のものです。

 

 

彼岸花は遺伝子的に見ると全部同一個体?

実は、彼岸花は種子で増えることができないのです。

 

株分けをすることでしか増えることができないので、日本に生えている彼岸花はすべて、最初に持ち込まれたひとつの個体から株分けをされて増えたものです。なので、日本に生えている彼岸花はすべて同一の遺伝情報を持っています。

 

 

彼岸花に含まれている毒を利用する

彼岸花に含まれている毒を、古くから日本人は利用してきました。

水田や墓地に植えられていることが多いのですが、これは彼岸花の毒を使ってネズミやモグラを近づけさせないようにするのが目的だったのです。

 

また、彼岸花に含まれている毒成分のひとつ”ガランタミン“はアルツハイマー病の治療薬として利用されています。

 

 

彼岸花の名前の由来

彼岸花の名前の由来は、秋ごろのお彼岸の時期に咲くことからきています。しかし、他の説もたくさんあり、その毒から「食べた者には死(彼岸)しかない」という怖い説もあります。

 

その反面、「白くやわらかな花」「天上の花」など、めでたい兆しとされていることもあり、不吉・吉兆どちらの意味も併せ持つ特殊な花です。

 

また、燃え盛る火のような見た目から「家に持って帰ると火事になる」とも言われています。

 

 

さいごに

以上が、彼岸花についてとなります。

 

欧米では、園芸用としてたくさんの品種が開発されています。日本でもたまに見ることができるのですが、赤色だけではなく黄色や白色の個体も存在します。

私自身、今まで不吉で怖いイメージしかなかったので、吉兆のイメージもあることは意外でした。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

長寿命が売りの”LED電球”弱点は電解コンデンサーにあった!

はじめに今やすっかり日常に馴染んだLED電球。従来の白熱電球よりも、はるかに長寿命で節約とエコを併せ持った優れものというのがウリで登場しました。  私もLED電球が登場してからは、 …
no image

『ビーポーレン(花粉玉)』が持つ効果

パンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりと非常に使いやすいハチミツ。このハチミツを作ってくれるのは、みなさん知っての通り『ミツバチ』ですが、ミツバチが作っているのはハチミツだけじゃないって知ってました?& …
no image

『ラーテル』ギネスにも登録された”世界一怖いもの知らずの動物”

はじめにあなたは目の前にライオンやヒョウがいたらどうしますか?怖くてとてもじゃないけど動けないですよね(;’∀’)足ガクガクです・・・ これは自然界の動物達も同じで、 …
no image

足の形は3種類

足の形 自分の足の形ってまじまじと見たことあるでしょうか?   実は、人間の足の形は大体3種類に分けられるそうです。     ・エジプト型 親指が一番長い 約25% ・ギ …
no image

不老不死になれる!伝説の『太歳』

不老不死・・・あなたも欲しいと思ったことはありませんか? 中国には数々の伝説がありますが、その中でも有名な不老不死伝説を持つ『太歳(たいさい)』を紹介します。  &nbs …