ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

ラムネの栓に使われているのは”ビー玉”ではない?

投稿日:

はじめに

キレイな丸い形にカラフルで綺麗なガラス玉。

そう、”ビー玉”です。

 

ビーダマンなどのビー玉を使ったおもちゃなども生まれていて、子供時代に誰しもが手にした遊び道具だと思います。

 

My beautiful picture

 

そんな、ビー玉について今回は書いていきたいと思います。

 

 

実は”ビー玉”ではなくて”B玉”だった!?

あのビー玉ですが、実は名前の由来が複数説あります。

  • ビードロ玉の略
  • B級品の玉という意味

。という2つの説です。

 

ビードロはきれいなガラス細工なので納得ですが、B級品って一体・・・!?

B級品っていうくらいだからA級品があって、それは何かに使われてるのかな(゜レ゜)

 

実は、本当にA級品である直径16.85±0.15mmという規格の”A玉“が存在していて、実際に商品に使われています。

そう、”ラムネ”です!

 

ラムネの瓶の蓋といえばビー玉だとばかり思っていましたが、実はA級品のA玉だったんですね。

密閉状態にするために細かい規格が決められていているんです。この企画に漏れたものがB級品であるB玉になってしまうんですね(*´ω`*)

 

 

ついでに”ラムネ”についての豆知識

ちなみに、昔のラムネはコルクで栓がしてあり、ペリーが初めて日本に持ってきてくれた時、幕府の役人は開けた時の音を銃声と勘違いしてしまったようです。

 

ラムネっていう名前の由来は、本場で呼んでいた『レモネード』が日本で訛ったものです。

 

あと、ラムネとサイダーの違いって知っていますか?

実は中身は一緒のものなんですよ。

 

もともとは、ラムネはレモン味、サイダーはリンゴ味という風に味の違いがあったのですが、サイダーにもレモン系の香料が使われるようになったので両者の味の差がなくなってしまいました。

 

なので、今ではガラス瓶にA玉で栓をするタイプのものをラムネと呼び、それ以外をサイダーと呼ぶようになりました。

ちなみに、昔はペットボトルがなかったので、サイダーも瓶に入っていて王冠で栓がしてあるビール瓶のようなものだったんですよ。

 

 

さいごに

以上が、ビー玉についてとラムネとサイダーの違いについてとなります。

 

ラムネとサイダーの違いなんて考えたことなかったですけどねぇ~

『だがしかし』のアニメで紹介されているのを見て興味が出てしまいました(*´ω`*)

 

A玉とB玉の違いについては、手で触ったところで全く分からないですよね。目で見ても全然わからないですし(;’∀’)

けど、ビー玉の製造に規格が設けられていることなんか知りもしなかったのでビックリしましたね。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

世界一過保護なカエル『Boulanger’s backpack frog』

世界一過保護なカエルを知っていますか?『Boulanger’s backpack frog』 ※ちょっと閲覧注意かも 背中で子育てをする半水棲のカエルである。&nbsp …
no image

カツオブシムシとは?

カツオブシムシ みなさんは知っていますか?   どんな家にも必ず入り込んでいる虫らしいです。 ↑の写真はヒメカツオブシムシ   う~ん 私は見たことはないけど、どこかにいるのでしょ …
no image

まぶしいとくしゃみが出る『光くしゃみ反射』

光を見て、まぶしいとくしゃみが出そうになりませんか?この光は太陽でも部屋の電気でも構いません。  この体の反応を『光くしゃみ反射』といいます。今回はこの反射について書いていきます。 …
no image

新しい住居選びで最上階は避けた方がいい?その理由とは

はじめに季節は春。新しい住居を選んで新生活をスタートされた方も多いんじゃないでしょうか? 部屋を探すときには色々な条件を考えて、自分の希望になるべく近い物件を探したと思います。中でも、高層に …
no image

骨を貪り食う者”ゾンビワーム”とは?

はじめに海底に沈んだ生物の死骸は、他の色々な生物に食べられて自然に還っていきます。 肉は貝やカニに食べられてすぐなくなってしまうのですが、それだけでは骨が残ってしまいます。しかし、海の底に潜 …