ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

日本国歌である『君が代』の別の姿

投稿日:

はじめに

私達の国、日本の国家である『君が代』。

学校での行事では校歌とともに絶対歌われますし、プロスポーツの試合でも歌われています。

 

君が代

 

そんな『君が代』ですが、私達がいつも聞いている君が代以外にも別のバージョンが存在するのです。

 

 

日本国歌『君が代』のもうひとつの姿

実は、君が代の歴史はとても古く、その元となる歌詞は『古今和歌集』にも登場しています。古くから天皇を奉祝するための歌として唄われていたみたいです。

鎌倉・室町時代に入ると、おめでたい歌として祝いの席で歌われることが多くなりました。

1880年(明治13年)までは歌詞だけしか存在しなかったのですが、ようやく曲がつけられ、1999年(平成11年)に『国旗及び国歌に関する法律』で正式に国歌として法制化されました。

 

そして、曲がつけられるより昔(明治3年:1870年)に歌われいた『君が代』がこちら。

 

今の君が代とはだいぶ雰囲気が違いますね。

こちらは薩摩藩がいち早く軍楽隊を結成し、君が代に曲をつけたもので、我が国の吹奏楽の発祥ともされています。

 

 

実はいやらしい歌だった・・・?

『君が代は 千代にやちよに さゞれ石の岩ほと成りて 苔のむすまで』という部分は江戸時代になってつけられました。

 

実は、この部分の歌詞の本当の意味、ほとんどの人が知らないと思うのですが、非常にいやらしい意味となっていまして(;’∀’)

 

『岩』・・・男性器

『ほと』・・・女性器

『成りて』・・・性交

 

を意味しているらしいです。

な、なんかこれを聞くと神聖だった君が代のイメージがガタ落ちですね・・・

 

しかし、これは江戸時代に考えられた意味ですので、今となってはしっかりとした清い意味がついています。

 

【『君が代』の歌詞の意味】

君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれにさらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように

 

汝の治世が幸せな幸せな数千年であるように

われらが主よ、治め続けたまえ、今は小石であるものが時代を経て、集まりて大いなる岩となり神さびたその側面に苔が生える日まで

 

他には、こちらのような意味を唱えている人もいます。

 

『きみ』=完璧に成長した男女が

『千代に八千代に』=永遠に千年も万年も、生まれ変わってもなお

『さざれ石の巌となりて』=結束し協力し合い、団結して

『苔のむすまで』=固い絆と信頼で結びついていこう

 

 

さいごに

以上が、我が国の国歌『君が代』の秘密となります。

 

その時代の古さや、別バージョンの存在、歌詞の意味など驚かされることがたくさんありました。

日頃、なんとなく聞いているだけで、知らない人も多いと思うので、今一度しっかりと自分の国の国歌を勉強してみるのもいいかもしれませんね。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

『シロクマ(ホッキョクグマ)』本当の色は”白”ではない

動物園で見ることができる『シロクマ(ホッキョクグマ)』。白くてモフモフで大人気ですよね~(*´ω`*)  実はものすごく凶暴だったりするのは、みなさん知っているかもしれませんが、そ …
no image

小さい頃食べた謎のアメ”肝油ドロップ”の力とは?

はじめにあなたは小さい頃に、母親や幼稚園、保育園の先生から乳白色の黄色がかった飴をおやつとして貰って、食べていませんでしたか? それはきっと、”肝油ドロップ”です。結 …
no image

まぶしいとくしゃみが出る『光くしゃみ反射』

光を見て、まぶしいとくしゃみが出そうになりませんか?この光は太陽でも部屋の電気でも構いません。  この体の反応を『光くしゃみ反射』といいます。今回はこの反射について書いていきます。 …
no image

『ホタテ』目の数と泳ぎ方

バターで炒めたり、シチューに入れたりととても美味しいホタテですが、今回はそんなホタテについて書いていきます。   【ホタテの目の数】 ホタテの目の数って知ってい …
no image

チェルノブイリ原発事故の象徴『象の足』

1986年にチャルノブイリで起きた原発事故。福島第一原発事故と並んで、原子力発電所が起こした悲惨な事故として有名ですね。 そのチェルノブイリ原発事故現場跡にある『象の足』というものを知ってい …