ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

体の代謝を正常化する”L-システイン”肌トラブルの改善に効果的

投稿日:

はじめに

あなたはニキビや吹き出物に出来やすくて悩んでいませんか・・・?

思春期の頃は仕方ないかもしれませんが、大人になってからもニキビが消えないという人は、根本的に改善しないといけない部分があり、サプリメントなどで栄養を補うことで治ることも多いです。

 

 

有名どころで言うと、肌にはビタミンCがいいと言われていて、それくらいなら毎日飲んでいるという人も少なくないと思います。

しかし、ビタミンC以外にも安く、肌を綺麗に保てるサプリはあるんですよ。それも、ビタミンCとあわせて飲むとさらに効果が上がるんです。

 

それが、今回紹介する”L-システイン“です。

 

 

“L-システイン”とは

L-システインは、皮膚や髪の毛、爪などに多く存在し、体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種です。日常の食事から多量に摂取することが難しく、欠乏症に陥りやすいため『準必須アミノ酸』として取り扱われることもあります。

 

L-システイン

 

【L-システインの主な効果】

  • 様々な肌トラブルの改善
  • 体の疲れ・倦怠感の改善
  • 二日酔いにも効果的

 

 

様々な肌トラブルの改善

L-システインはビタミンCと協力して、シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制するほか、過剰にできてしまったメラニンを無色化し、さらには肌の代謝を正常化して、角質に沈着したメラニンの排出もサポートしてくれます。

 

また、シミのほかにもL-システインを摂取することにより体内でコラーゲンが生成されるため、肌のハリを維持するサポートや、角質を柔らかくする働きもあるためニキビができにくくなるなど、気になる肌トラブルを改善してくれます。

 

L-システインは、人間の肌が約42日間で生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる肌の代謝を正常化する働きもあります。

ターンオーバーのリズムが崩れてしまうと肌トラブルの原因となってしまいます。

 

 

体の疲れ・倦怠感の改善

L-システインは肌だけではなく、体全体の代謝をスムーズにしてくれます。

 

さらに、エネルギーを効率よく作れるように働きかける効果もありますので、エネルギー不足による体の疲れ・倦怠感の改善に効果があるのです。

 

 

二日酔いにも効果的

二日酔いの主な原因は、アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドという毒性物質が原因です。体内でこれが増加すると、吐き気や頭痛などの二日酔いの症状を引き起こしてしまいます。

 

L-システインはこのアセトアルデヒドに直接反応して無毒化し、アルコールを無害な物質に変える働きを持っています。これによって二日酔いを改善することができるのです。

 

 

さいごに

以上が、L-システインの効果についてとなります。

 

肌トラブルの改善にビタミンCとの協力が不可欠なので、あわせて飲むと高い効果が期待できます。

値段も安いし、二日酔いや倦怠感にも効果があるので、一度ビタミンCとあわせて飲んでみることをオススメします(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

『ラーテル』ギネスにも登録された”世界一怖いもの知らずの動物”

はじめにあなたは目の前にライオンやヒョウがいたらどうしますか?怖くてとてもじゃないけど動けないですよね(;’∀’)足ガクガクです・・・ これは自然界の動物達も同じで、 …
no image

五大漢方薬のひとつ『杜仲茶』のすごい効果

あなたはお茶って好きですか?世界には紅茶、緑茶、中国茶など色々なお茶が溢れています。 中でも中国茶は種類も多く、体に良い効果をもたらしてくれるものもたくさんあります。   …
no image

色々な味がある”かき氷シロップ”実は全部同じ味だった

はじめにお祭りのときに屋台で買う定番”かき氷“!あなたは何味が好きですか? 昔はイチゴ、メロン、ハワイアンブルーしかなかったりして種類が少なかったですが、今となっては …
no image

チェルノブイリ原発事故の象徴『象の足』

1986年にチャルノブイリで起きた原発事故。福島第一原発事故と並んで、原子力発電所が起こした悲惨な事故として有名ですね。 そのチェルノブイリ原発事故現場跡にある『象の足』というものを知ってい …
no image

『波欠け(マクリダシ)』角海浜で起きる恐ろしい自然現象

あなたは『波欠け(マクリダシ)』って知ってますか?局地的にしか起きない自然現象なので知らない人が多いかもしれませんね。  嵐、落雷、地滑りなど数々の自然現象がありますが、その中でも …