ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

コンビニやスーパーに売っている”サラダ”や”カット野菜”栄養がほとんどないって本当?

投稿日:

はじめに

忙しい現代社会・・・

1人暮らしの方は、大きな野菜をまるごと一つ買っても消費しきらないでダメにしてしまうことがほとんどなんじゃないでしょうか?

 

そこで、頼りたくなるのがコンビニやスーパーで売っている”サラダ“や”カット野菜“です。

野菜まるごと一つを買うより高くついてしまいますが、野菜を洗って切る手間を考えると結構有用な商品です。

 

しかし、そんな既製品のサラダやカット野菜ですが、せっかく高いお金を払って買って食べていても、ほとんど栄養がなくて食べている意味がないかもしれないんです。

 

驚きですよね・・・(゚Д゚;)

今回は、この噂が本当なのかどうかについて書いていきたいと思います。

 

 

なんで野菜の栄養がなくなるの?

既製品のサラダ、カット野菜がなんで『栄養がほとんどない』と言われるのか?

それは、衛生面を考慮しての野菜の洗浄が原因です。

 

コンビニやスーパー側としては、野菜に虫や汚れがついていては大問題となってしまいますので、万が一のことを考えて必要以上の洗浄を行っています。家庭で行う野菜洗浄なんて比べ物にならないレベルです。

 

【既製品の商品に使われる野菜の洗浄プロセス】

  1. 野菜をカットする。
  2. “次亜塩素ナトリウム”という消毒液や”塩素水”に何度もつけて消毒する。
  3. 染み込んだ消毒液のにおいを消すために、何度も水で洗浄する。

 

野菜の栄養素は、ほとんど水溶性なのでこれだけ洗浄を繰り返されるとたくさんの栄養が溶け出てしまいます・・・

これが原因で、コンビニやスーパーのサラダやカット野菜には栄養がほとんどないと言われているのです。

 

こういった過剰な洗浄を繰り返して栄養がなくなった野菜は、飲食系のチェーン店でも使われているので、注意が必要です。

 

 

厳しい洗浄を受けても残る栄養

そんな厳しい洗浄を受けても、野菜の栄養素は完全に0になるわけではなく少しは栄養が残ります。

 

残る栄養は、スカスカになった食物繊維と脂溶性のビタミンです。

※脂溶性ビタミンはA,D,E,Kなどです。

 

洗浄を繰り返すと水溶性のビタミンが抜け出てしまって、全遺体的に見ると3割ほど栄養素がなくなってしまうみたいですが、食べる意味がなくなるほど栄養が抜けるわけではないみたいです。

 

 

染み込んでしまった消毒液の怖さ

洗浄に使った消毒液”次亜塩素酸ナトリウム”は胃酸と反応すると塩素ガスが発生し、発がん性物質になると言われています。

 

いくらすすぎを繰り返したとしても、野菜を占める水分量はかなりのものですので、切断面から吸収してしまった消毒液が完全に抜けるというのは本当に信用していいものか疑問に感じます・・・

 

言ってしまえばハイターのようなもので、水道水にも微量ながら含まれているのですが、できれば摂取してしまう機会は減らしたいですよね。

 

 

さいごに

以上が、コンビニやスーパーで売られている”サラダ”や”カット野菜”の栄養についてとなります。

 

やはり、生野菜というものは定期的に摂取しないと健康が保てません。

だからといって手軽にサラダやカット野菜に頼るのではなく、できればまるまる一つで売っている野菜を買って食べるようにしましょう。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

“ヤシの木”や”ガジュマルの木”は自分の力で歩いて移動する!?

はじめに私達、人間や動物は自由に歩いて移動することができます。ところが、植物はどうでしょう?植物には足がないので種子を飛ばしたり、ほかの動物に運んでもらうことでしか移動することができません。&nbsp …
no image

『芽殖孤虫』致死率100%!正体不明の寄生虫

はじめに寄生虫。カマキリにはハリガネムシなど、虫にはよくいますよね。 一方、人間を宿主とする寄生虫としてはサナダムシやカイチュウが有名です。これらは体内にいてもさほど影響はなく、まだ安全なの …
no image

エレベーターに鏡がついている理由

エレベーターに鏡がついている理由。あなたは知っていますか?  大人でもほとんどの人が知らないらしいです。   鏡がついている理由女性が化粧をするためや …
no image

ラムネの栓に使われているのは”ビー玉”ではない?

はじめにキレイな丸い形にカラフルで綺麗なガラス玉。そう、”ビー玉”です。 ビーダマンなどのビー玉を使ったおもちゃなども生まれていて、子供時代に誰しもが手にした遊び道具 …
no image

『ICL』レーシックよりも安全な目の手術

最近はコンタクトレンズやメガネだけにとどまらず、レーシックやオルソケラトロジーなど色々な視力矯正方法がありますよね。 そんな視力矯正の世界に新たな技術『ICL』が出てきました。 & …