ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

チョウザメの卵”キャビア”の秘密

投稿日:

はじめに

世界三大珍味のひとつである”キャビア“。

あなたは好きですか?

 

食べるとたちまち海の香りが口いっぱいに広がります。

やはり、世界三大珍味といわれるだけあって値段は非常に高く、一般人にはなかなか手の届かないものとなっています。

 

キャビア

 

今回は、そんなキャビアについて書いていきたいと思います。

 

 

そもそもキャビアとは?

そもそもキャビアって何なのか?

キャビアとは、チョウザメ種の卵を塩漬けしたものです。

 

保存期間を長くしたければしたいほど塩分濃度は高くなります。

 

キャビアは、販売する際にビン詰めのために高温処理で殺菌するのですが、殺菌処理を施したものを”パスチャライズ・キャビア“と呼び、殺菌処理を施してないものを”フレッシュ・キャビア“と呼びます。

 

もちろん、フレッシュ・キャビアのほうが本来の風味と食感を楽しめるのでオススメできるのですが、入手するのは中々に困難です・・・

 

 

チョウザメはサメ科ではなく、古代魚の一種

実は、キャビアが採取されるチョウザメってサメ科ではないんですよ。

 

チョウザメ

 

シーラカンスなどと同じ、古代魚の一種なのです。

古代魚だけあって、個体の寿命は非常に長く150歳まで生きるものもいます。

 

西洋においては王族貴族の間で”ロイヤルフィッシュ“と呼ばれ、キャビアだけではなく魚肉も美味な食材として提供されていました。中国でも”煌魚“と呼ばれ、同じように高級魚として食されていたみたいです。

 

一言にチョウザメといっても何種類かいて、

  • ベルーガ
  • オシェトラ
  • ゼヴルーガ
  • スターレット

などの種類からキャビアが採取されます。

 

 

キャビアは生産地によって味と価値が異なる

キャビアは世界各地で作られているのですが、チョウザメの餌となるプランクトンが各地方の海で異なるので、卵であるキャビアにも味の違いが生じます。

 

世界の中でも、特にカスピ海のキャビアが高級で美味しいといわれていて、同じカスピ海産でもイラン産よりロシア産の方がより良いものとされている。

 

イラン産は、キャビアを採取する際にチョウザメに強いストレスがかかってしまうので、若干味が落ちてしまうみたいです・・・

 

 

チョウザメ絶滅の危機・・・

チョウザメは、その魚肉とキャビアの美味しさから乱獲された時期があり、一度は絶滅の危機に瀕しました・・・

 

なので、「このままでは二度とキャビアがとれなくなってしまう」と厳しい資源管理体制が置かれました。

 

それによって絶滅の危機こそ逃れましたが、キャビアの値段は跳ね上がってしまいました。チョウザメ自体も繁殖力が強いわけではないので中々個体数も元に戻りません・・・

 

現在では、こういった問題を解決するために世界各地でチョウザメの養殖に力を入れています。

しかし、この養殖されているチョウザメは”ベステル”と呼ばれている雑種のチョウザメで、キャビアとしての価値は低いです(´・ω・`)

 

 

さいごに

以上が、キャビアとチョウザメについてとなります。

 

私は、キャビアなんて親戚の結婚式などでちょこっとしか食べたことないのですが、本場であるカスピ海産の高級キャビアを死ぬまでに一度食べてみたいですねぇ・・・(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

コーヒーフレッシュは体に悪い?

大人になると大体の人が飲むコーヒーや紅茶。その相方となるのが、グラニュー糖とミルクですよね。  グラニュー糖はまぁ普通に糖なのでいいとして、問題はこのミルク!ミルクなどと言って使っ …
no image

ジーンズの極小ポケットってなんのためについてるの?

はじめに昔からファッションの定番アイテムとして確固たる地位を築いている”ジーンズ”。 普段から履いていて、ずっと気になっていたことがあります。そう、それはポケット部分 …
no image

アスパラを食べると尿の臭いが変わる?違いがわかる人とかわらない人との差とは

はじめに『アスパラガスを食べると尿の臭いが変わる』って話聞いたことありますか?これを聞くと、「あ~変わるよねぇ」という人と「・・・?(ナニ言ってんだこいつ)」という人にわかれます。 &nbs …
no image

橋には入口と出口があるって知ってた?

橋の入口と出口・・・あなたは意識したことがありますか?  「どっちからでも渡れるんだし入口も出口もないじゃん」って思う人もいると思いますが、実は明確に決められた入口側と出口側がある …
no image

“ヤシの木”や”ガジュマルの木”は自分の力で歩いて移動する!?

はじめに私達、人間や動物は自由に歩いて移動することができます。ところが、植物はどうでしょう?植物には足がないので種子を飛ばしたり、ほかの動物に運んでもらうことでしか移動することができません。&nbsp …