ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

“白湯健康法”お湯を飲んで健康になろう

投稿日:

はじめに

あなたは毎日何を飲んでいますか?

人間の生活に水分補給はつきものです。みなさんお茶やコーヒーなど好きなもので水分補給していると思います。

 

しかし、この毎日の飲み物を変えるだけですごく健康になれるかもしれないんですよ。知っていました?

 

健康に良いとされる飲み物・・・

それは”白湯(さゆ)”です。

 

え?ただのお湯?って思った方もいるのではないでしょうか。

実は、高い値段のお茶などではなく、一番お金のかからない白湯が体にいいんですよ(*´ω`*)

 

白湯

 

今回は、そんな白湯のパワーについて書いていきたいと思います。

 

 

正しい白湯の作り方と飲み方

そもそも、白湯の定義とは『湧かしただけで何も入れない湯』のことです。

この白湯を飲む”白湯健康法“は数年前から静かなブームとなっていました。

 

白湯を作る際には、「水道水ではダメだ」という人や「やかんに蓋をして沸かしてはいけない」という説を唱える人もいるみたいです。

しかし、実際科学的な観点で見たら何も変わらないので、水道水をカルキ抜きして普通に沸かすだけで十分です。

 

飲む際には、アツアツの状態では飲めないので、少し冷めたら150cc程度の白湯を、体に負担をかけないように少しずつ飲むのが理想です。

特に、朝の寝起きは重要で15分くらいかけて飲むと体にいいみたい。朝の乾いた体に水分補給だけではなく、寝ているうちに下がった体温を温める効果、便通を促す効果、血液をサラサラにする効果が期待できるそうです。

さらに、1日3食の食事中にも同程度の白湯をゆっくりと飲みましょう。体が温まり、消化を促してくれます。

 

トータルで1日5~6杯が最適で、これ以上飲むと白湯健康法としては飲み過ぎとなってしまいます。

 

 

なんでお湯を飲むと健康になるの?

なぜ、ただのお湯を飲むだけで健康になれるのでしょうか・・・?

 

体温を上げるためだったり、水分補給のためだけだったら他の温かい飲み物でも変わらないですよね。

ところがどっこい、白湯じゃないといけない理由があるんです。

 

人間が何かを飲みたいと思ったとき、体は水分のみ求めていて、お茶やコーヒーに含まれる余計な成分はいらないものなんですよね。

 

なので、その余分な成分を水分と一緒に摂っていると体に悪いわけですよ。私たちは今までず~っとそれをしてきたんです。

 

それを”白湯”という無害な飲み物に変えることで、今まで体にマイナスだったことが、体にとってプラスマイナス0になるんですよね。

つまり、白湯が特別体に良いわけではなくて、他の飲み物が体に悪いのです。

 

 

さいごに

以上が、お湯を飲んで健康になれる”白湯健康法”についてとなります。

 

お金がかからない健康法ですし、あなたも一度試してみてはどうでしょうか?(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

長寿命が売りの”LED電球”弱点は電解コンデンサーにあった!

はじめに今やすっかり日常に馴染んだLED電球。従来の白熱電球よりも、はるかに長寿命で節約とエコを併せ持った優れものというのがウリで登場しました。  私もLED電球が登場してからは、 …
no image

予想外の形にビックリ!?サメの卵のビジュアル

はじめにあなたはサメの卵って見たことがありますか?たいていの人は”キャビア”なら見たことがあるかもしれませんね。 しかし、実はサメの卵には色々とユニークな形をしている …
no image

『処女懐胎(単為生殖)』1つの個体で増えていく生殖方法

普通、私達人間は男性と女性の異性同士がペアで存在しないと生殖することはできませんよね。しかし、動物の中には雄雌がペアにならずとも生殖できる動物が存在するのです。 代表的なものとしては、体細胞 …
no image

木製の家具やフローリングがへこんでしまった時の対処法

木製の家具や、フローリングに重いものを置いてしまった際にへこんでしまうことがありますよね。 へこんだままでは不格好で気分までへこんでしまいます・・・   今回はそんなときの対処法を紹介します …
no image

『夜驚症』夜泣きと勘違いしやすい睡眠障害

子育てで大変なのが、赤ちゃんの夜泣き。夜中に赤ちゃんが泣きだして「あー夜泣きかぁ」と赤ちゃんをあやすのは大変ですよね(´・ω・`)  しかし、ただの夜泣きではない可能性があるのです …