ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

予想外の形にビックリ!?サメの卵のビジュアル

投稿日:

はじめに

あなたはサメの卵って見たことがありますか?

たいていの人は”キャビア”なら見たことがあるかもしれませんね。

 

しかし、実はサメの卵には色々とユニークな形をしているものが存在するんですよ。

今回は、そんな面白い形をしたサメの卵について書いていきたいと思います。

 

 

面白い形をしたサメの卵を紹介

まずは、面白い形をしたサメの卵を紹介していきます。

キャビアとは違った、全然卵っぽくないビジュアルを楽しんで下さい(*´ω`*)

 

【ネコザメの卵】まるでドリル?

長さは15cm程度。この卵を岩の隙間に産み付けるのですが、ドリルのような形でしっかりと固定されて海流に流されないようになっています。孵化するまでに1年間もかかるので、ずっと流されていたら孵化したときには、すごいところまで移動していますもんね。

 

ネコザメ 卵

 

【ナヌカザメの卵】まるでお財布?

その袋のような形から、『人魚の財布』とも言われています。

四隅にある突起でなにかに絡みつき、流されないようにするのです。こちらも孵化までに1年間ほどかかってしまうので、絶対に流されるわけにはいかないんです。

 

ナヌカザメ 卵

 

 

サメによって生み方が違う?”卵生”と”卵胎生”と”胎生”それぞれの産みかたについて

実は、サメという魚はみんな卵を産むわけではないんですよね。

種類によって卵生だったり、胎生だったり、はたまた間をとった卵胎生だったりと、子供の産みかたが統一されていない面白い生態を持ちます。

 

【卵生】

体外に卵を産み、孵化させる一般的な産みかた。

例:ネコザメ、ナヌカザメ

 

【卵胎生】

卵を作るのですが、体外に産むのではなく体の中で孵化させてから産む産みかた。

体内で生まれた子供は、母親の卵巣で新しく作られる未成熟の卵を食べて成長する。この習性を”卵食性”というのですが、ここで食べられる卵はもともと食べられるために作られた栄養のためだけの卵みたいです。

大きなサメの場合、1mくらいまで成長してから産むこともあり、お産がかなり大変になることもある。

例:シロワニ、オナガザメ

 

【胎生】

我々、哺乳類と同じように母親の胎内でヘソの緒を通じて養分を受け取り、ある程度の大きさまで成長してから出産する産みかた。

ちなみに、普通の魚はオスが生殖器を持ち合わせていないので、卵に精子をふりかける体外受精を行います。ところが、サメのオスは生殖器を持ち合わせており体内受精を行い子供を作るのです。

例:メジロザメ

 

 

さいごに

以上が、面白い形のサメの卵と産みかたについてとなります。

 

こんな形の卵を産んで痛くないのかな・・・?って感じですよね(;’∀’)

また面白い形のサメの卵を見つけたら載せたいと思います。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

視力矯正の新しい選択『オルソケラトロジー』

  現代はPCとスマホの発達により画面と向き合う時間が多いので、目が悪くなってしまっている方多いのではないでしょうか? 目が悪くなると普通はメガネかコンタクトですよね。ちょっとお金 …
no image

国内水族館の『ラッコ』・・・減少し続ける原因は一体何?

愛らしく手を繋いだり、貝を石で叩き割る姿がキュートな水族館のアイドル・・・それは、『ラッコ』ちゃん!  実は、このラッコちゃん。昔は日本国内でも色んな施設にいたんですが、今となって …
no image

水筒にスポーツドリンクを入れると危険!?

はじめにだんだんと暑い季節になってきましたね。こう暑くなってくると水筒を持ち出す人も多くなってくると思います。  そこで問題になるのが水筒の中身です。あなたは水筒の中は何を入れます …
no image

なぜ馬肉だけは刺身で食べて大丈夫なのか?

はじめに近年、牛のレバ刺しの販売が禁止されたりして生肉好きの人には生きにくい世の中になっていますよね。 そもそもなんで牛肉や豚肉を生で食べたらダメなんでしょう?鶏だって新鮮なものじゃないと刺 …
no image

リチウム電池の3倍の性能を持つ”陶器電池”がすごい!

はじめに私たちの身の回りには、時計やリモコン、ゲーム機などの電池を使わないと動かないものがたくさんあります。  そんな電池ですが、以前から高温になりすぎると爆発したり、液漏れをして …