ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

“お酢”と”マウスウォッシュ”で足のかかとのカサカサを解消しよう!

投稿日:2016年3月20日 更新日:

はじめに

乾燥する季節・・・

特に年齢を重ねてくると、足のかかとのカサカサが気になってきませんか?

 

中には、薬局などで売っている足用ピーリング製品を買ってツルツルにする人もいると思います。

あれ気持ちいいんですよね~(*´ω`*)

けど、1回分で500円以上したりとちょっと値段が気になります・・・

 

「お金はあんまりかけずに足をツルツルにしたい・・・」

そんなあなたに朗報です!

 

実は、家庭にある意外な”あるもの”を使って足をツルツルにできるんですよ!

今回はその方法について書いていきたいと思います。

 

 

“お酢”と”マウスウォッシュ”でツルツルピカピカの足を手に入れよう!

家庭にある意外な”あるもの”・・・

それは、”お酢”と”マウスウォッシュ”です!

 

【方法】

お酢とマウスウォッシュを同じ割合で混ぜて、温水で薄めます。

あとは、足がすっぽり入る大きさの容器にうつして、しばらく足につけておくだけです。

 

使用した結果がこちら↓

 

before

足 びふぉー

 

after

あふた~

 

この方はリステリンとお酢で、これだけの効果が出たみたいです。

たしかに、かかとのカサカサがだいぶとれていますね(*´ω`*)

 

これに加えて、軽石などでやさしく削ったりすると、さらに効果的らしいです!

 

 

なんで足のカサカサがなくなるの?

これで、なんで足のカサカサがなくなるのか?

 

それは、この液が酸性であるからです。

微弱な酸性によって表面のカサカサになってしまった皮膚を溶かしているのです。

 

なので、あまりにもこの方法をやりすぎると、足の皮膚が薄くなりすぎてしまい、ちょっとヒリヒリしたりすることがあるかも・・・

 

気を付けて下さいね(;’∀’)

 

 

そもそもの足のカサカサの原因

そもそも、なんで足の裏がカサカサになるの?

その原因は色々ありますが、代表的なものを挙げていきたいと思います。

 

  • 足の裏を守ろうと皮が厚くなっている
  • 肌のターンオーバーが追いつかずに、角質が溜まっている
  • 空気の乾燥によって肌も乾燥しているのかも
  • 水虫の可能性も
  • 生殖機能が弱っているからかも

 

【足の裏を守ろうと皮が厚くなっている】&【肌のターンオーバーが追いつかずに、角質が溜まっている】&【空気の乾燥によって肌も乾燥しているのかも】

基本的には、ヒールや立ち仕事の影響でかかとに高負担がかかり、そこを守ろうとして皮が厚くなっているパターンが多いと思います。

次に、老化による肌のターンオーバーの遅れですね。乾燥もそうですが、3つとも年齢や仕事がかかわっていたりと、どうしようもないことが多いです。しっかりと受け止めてケアすることが大切です。

 

ところが、下の水虫や生殖機能の低下が原因の場合はちょっと対策が必要かもしれませんね。

 

【水虫の可能性も】

水虫というのは、色々な種類がありますので、痒くない水虫も存在するのです。

なので、痒くないからといってカサカサしているかかとが水虫じゃないと安心してはいけません。原因がよくわからない場合は、一度皮膚科に行って見てもらいましょう。

 

【生殖機能が弱っているからかも】

また、実はかかとは生殖機能とリンクしています。

女性の場合は、生理不順や閉経が近かったりするとかかとに影響が出ます。

男性の場合だと、前立腺が弱っている可能性もあります。

両性ともに、最悪の場合ガンの可能性もあるので、不安に思ったら医者に診てもらうのをオススメします。

 

 

さいごに

以上が、”お酢”と”マウスウォッシュ”を使ったかかとケアの方法についてです。

 

上でも書いたとおり、この方法はやりすぎると逆に足にダメージが出る場合がありますので注意して行って下さい。

また、この方法に頼らずとも、かかと用保湿クリームを塗るだけで治ったという方もいますので、そちらの方法も検討してみて下さいね(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

水筒にスポーツドリンクを入れると危険!?

はじめにだんだんと暑い季節になってきましたね。こう暑くなってくると水筒を持ち出す人も多くなってくると思います。  そこで問題になるのが水筒の中身です。あなたは水筒の中は何を入れます …
no image

“ほうれん草”茹でないと危険?シュウ酸が尿路結石を作り出す

はじめに最近また安くなってきたほうれん草。バターで炒めたり、おひたしにしたりと色々使い方があって美味しいです(*´ω`*)私もついつい買ってしまいます。  しかし、そんなほうれん草 …
no image

『夜驚症』夜泣きと勘違いしやすい睡眠障害

子育てで大変なのが、赤ちゃんの夜泣き。夜中に赤ちゃんが泣きだして「あー夜泣きかぁ」と赤ちゃんをあやすのは大変ですよね(´・ω・`)  しかし、ただの夜泣きではない可能性があるのです …
no image

視力矯正の新しい選択『オルソケラトロジー』

  現代はPCとスマホの発達により画面と向き合う時間が多いので、目が悪くなってしまっている方多いのではないでしょうか? 目が悪くなると普通はメガネかコンタクトですよね。ちょっとお金 …
no image

『芽殖孤虫』致死率100%!正体不明の寄生虫

はじめに寄生虫。カマキリにはハリガネムシなど、虫にはよくいますよね。 一方、人間を宿主とする寄生虫としてはサナダムシやカイチュウが有名です。これらは体内にいてもさほど影響はなく、まだ安全なの …