ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

スーパーで売られている”子持ちししゃも”の正体

投稿日:

はじめに

昔から、日本の質素な食事の定番とされてきた”ししゃも“。

 

ししゃも定食

 

  • ご飯
  • 味噌汁
  • ししゃも
  • 漬け物

なんでか分からないけど、惹かれるものがありますよね(*´ω`*)

 

そんな昔から日本人に愛されてきた”ししゃも”ですが、あなたはもしかしたら本物のししゃもを食べたことがないかもしれないのです。

というのも、実は最近スーパーで売っているししゃもは本当のししゃもではないのです。

 

今回はそんな、スーパーで売られている”ししゃも”の正体について書いていきたいと思います。

 

 

スーパーで売られている”ししゃも”の正体(代用魚)とは?

では一体スーパーで売られているししゃもの正体(代用魚)とは何なのか?

 

それは、”カペリン“という魚です。

 

カペリン

 

パッと見ではあんまり違いがなく違いがわかりませんが、実物を見てみると大きさも色も違います。

そして、何より違うのが”味”です・・・

 

私も小さい頃から家庭で”ししゃも”と言われてカペリンを出されてきました。はじめてこの事実を知ったときはショックでしたねぇ(´・ω・`)

 

ちなみに、代用されるだけあって値段が全然違います。

本物のししゃもはとても高く、1匹¥150以上するのが普通です。代用魚であるカペリンは何匹も入って¥150です・・・

どおりでちゃんとした魚屋さんで売ってる”ししゃも”は高いわけだぁ(;’∀’)

 

 

“子持ちししゃも”にも秘密があった!

ししゃもの代用魚としてカペリンが使われているだけではなく、子持ちししゃもの中身である”卵”にまで秘密があったのです。

 

本来、卵はメスしか持っていないものですが、ししゃも(カペリン)は『”子持ちししゃも”かそうでないか』で商品価値が大きく変わってしまいます。

つまり、卵を持っていないオスは商品としての価値がとても低いのです(´・ω・`)

 

そこで、オスの価値を引き上げるためにどうするか?

キズなどがついて商品にならなくなったメスから卵を取り出し、オスのお腹に注入するのです!

 

これによって、卵を持たないオスでもメスと同様の価値を持つようになり、高い値段と人気でスーパーに並べることができるのです。

 

 

さいごに

以上が、”ししゃも”と”子持ちししゃもの卵”の正体についてとなります。

 

本物のししゃもは市場に出回る数がもの凄く少ないらしいので、お金に余裕がある方は見つけたら即買いした方がいいかも!?

※本物は市場に出回っているうちの1割らしいです。

 

本物のししゃもは商品名に”本ししゃも”と表記されているので、そこで見分けるようにしましょう。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

“お酢”と”マウスウォッシュ”で足のかかとのカサカサを解消しよう!

はじめに乾燥する季節・・・特に年齢を重ねてくると、足のかかとのカサカサが気になってきませんか? 中には、薬局などで売っている足用ピーリング製品を買ってツルツルにする人もいると思います。あれ気 …
no image

足の形は3種類

足の形 自分の足の形ってまじまじと見たことあるでしょうか?   実は、人間の足の形は大体3種類に分けられるそうです。     ・エジプト型 親指が一番長い 約25% ・ギ …
no image

木製の家具やフローリングがへこんでしまった時の対処法

木製の家具や、フローリングに重いものを置いてしまった際にへこんでしまうことがありますよね。 へこんだままでは不格好で気分までへこんでしまいます・・・   今回はそんなときの対処法を紹介します …
no image

蛆虫で治療『マゴットセラピー』

ハエの幼虫『蛆虫』。気持ち悪いですよね・・・  普段は生ごみなどに湧いて私たちを困らせる存在ですが、ときには助けてくれる存在になることもあるのです。 それが『マゴットセラ …
no image

『亜鉛』の摂取で怪我と病気に強くなろう

最近の研究では、私達人間の体にはビタミンやアミノ酸など、色々な栄養が必要なことが判明しています。 しかし、必要な分の栄養を摂取しようとすると想像以上に大変です。そこで、簡単に摂取目標に届くよ …