ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

スーパーで売られている”子持ちししゃも”の正体

投稿日:

はじめに

昔から、日本の質素な食事の定番とされてきた”ししゃも“。

 

ししゃも定食

 

  • ご飯
  • 味噌汁
  • ししゃも
  • 漬け物

なんでか分からないけど、惹かれるものがありますよね(*´ω`*)

 

そんな昔から日本人に愛されてきた”ししゃも”ですが、あなたはもしかしたら本物のししゃもを食べたことがないかもしれないのです。

というのも、実は最近スーパーで売っているししゃもは本当のししゃもではないのです。

 

今回はそんな、スーパーで売られている”ししゃも”の正体について書いていきたいと思います。

 

 

スーパーで売られている”ししゃも”の正体(代用魚)とは?

では一体スーパーで売られているししゃもの正体(代用魚)とは何なのか?

 

それは、”カペリン“という魚です。

 

カペリン

 

パッと見ではあんまり違いがなく違いがわかりませんが、実物を見てみると大きさも色も違います。

そして、何より違うのが”味”です・・・

 

私も小さい頃から家庭で”ししゃも”と言われてカペリンを出されてきました。はじめてこの事実を知ったときはショックでしたねぇ(´・ω・`)

 

ちなみに、代用されるだけあって値段が全然違います。

本物のししゃもはとても高く、1匹¥150以上するのが普通です。代用魚であるカペリンは何匹も入って¥150です・・・

どおりでちゃんとした魚屋さんで売ってる”ししゃも”は高いわけだぁ(;’∀’)

 

 

“子持ちししゃも”にも秘密があった!

ししゃもの代用魚としてカペリンが使われているだけではなく、子持ちししゃもの中身である”卵”にまで秘密があったのです。

 

本来、卵はメスしか持っていないものですが、ししゃも(カペリン)は『”子持ちししゃも”かそうでないか』で商品価値が大きく変わってしまいます。

つまり、卵を持っていないオスは商品としての価値がとても低いのです(´・ω・`)

 

そこで、オスの価値を引き上げるためにどうするか?

キズなどがついて商品にならなくなったメスから卵を取り出し、オスのお腹に注入するのです!

 

これによって、卵を持たないオスでもメスと同様の価値を持つようになり、高い値段と人気でスーパーに並べることができるのです。

 

 

さいごに

以上が、”ししゃも”と”子持ちししゃもの卵”の正体についてとなります。

 

本物のししゃもは市場に出回る数がもの凄く少ないらしいので、お金に余裕がある方は見つけたら即買いした方がいいかも!?

※本物は市場に出回っているうちの1割らしいです。

 

本物のししゃもは商品名に”本ししゃも”と表記されているので、そこで見分けるようにしましょう。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

殺虫成分を一切使用しないで蚊を退治できる”蚊取空清 FU-GK50″がすごい!

はじめに季節は春。もうしばらくすると梅雨がやってきて夏になりますね。 そして・・・夏といえば”蚊”です!毎年毎年、電気代を節約するために窓を開けるのですが、そうすると …
no image

意外!コアラの離乳食はお母さんの・・・

はじめにあなたはコアラ好きですか?大きな耳と子供と一緒に木にしがみついてる姿がとても可愛いですよね(*´ω`*)  そんなコアラですが、動物園にいる動物の中でも結構希少なようで、限 …
no image

人工芝は危険?GK(ゴールキーパー)ばかり癌になる理由

はじめに最近、日本でも人気のスポーツ”サッカー”。かつては日本の人気スポーツ第一位だった”野球”を抜いて、今では一番人気のスポーツとなっています。&nb …
no image

“ガン”と”花粉症”の意外な関係

はじめにだんだんと花粉が舞ってきて、花粉症が苦しい季節になってきましたね。 私も最近、朝起きると必ず鼻が詰まっていて、苦しい思いをしております・・・(´・ω・`)  そん …
no image

ビルなどの窓で見かける赤い逆三角マーク『▼』一体何を意味しているの?

はじめに現代社会・・・私たちの身の回りには、道路標識などの記号が溢れています。たくさんある記号ですが、よく考えたら何を意味しているのか知らないものも多いと思います(;’∀’)& …