ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

スーパーで売られている”子持ちししゃも”の正体

投稿日:

はじめに

昔から、日本の質素な食事の定番とされてきた”ししゃも“。

 

ししゃも定食

 

  • ご飯
  • 味噌汁
  • ししゃも
  • 漬け物

なんでか分からないけど、惹かれるものがありますよね(*´ω`*)

 

そんな昔から日本人に愛されてきた”ししゃも”ですが、あなたはもしかしたら本物のししゃもを食べたことがないかもしれないのです。

というのも、実は最近スーパーで売っているししゃもは本当のししゃもではないのです。

 

今回はそんな、スーパーで売られている”ししゃも”の正体について書いていきたいと思います。

 

 

スーパーで売られている”ししゃも”の正体(代用魚)とは?

では一体スーパーで売られているししゃもの正体(代用魚)とは何なのか?

 

それは、”カペリン“という魚です。

 

カペリン

 

パッと見ではあんまり違いがなく違いがわかりませんが、実物を見てみると大きさも色も違います。

そして、何より違うのが”味”です・・・

 

私も小さい頃から家庭で”ししゃも”と言われてカペリンを出されてきました。はじめてこの事実を知ったときはショックでしたねぇ(´・ω・`)

 

ちなみに、代用されるだけあって値段が全然違います。

本物のししゃもはとても高く、1匹¥150以上するのが普通です。代用魚であるカペリンは何匹も入って¥150です・・・

どおりでちゃんとした魚屋さんで売ってる”ししゃも”は高いわけだぁ(;’∀’)

 

 

“子持ちししゃも”にも秘密があった!

ししゃもの代用魚としてカペリンが使われているだけではなく、子持ちししゃもの中身である”卵”にまで秘密があったのです。

 

本来、卵はメスしか持っていないものですが、ししゃも(カペリン)は『”子持ちししゃも”かそうでないか』で商品価値が大きく変わってしまいます。

つまり、卵を持っていないオスは商品としての価値がとても低いのです(´・ω・`)

 

そこで、オスの価値を引き上げるためにどうするか?

キズなどがついて商品にならなくなったメスから卵を取り出し、オスのお腹に注入するのです!

 

これによって、卵を持たないオスでもメスと同様の価値を持つようになり、高い値段と人気でスーパーに並べることができるのです。

 

 

さいごに

以上が、”ししゃも”と”子持ちししゃもの卵”の正体についてとなります。

 

本物のししゃもは市場に出回る数がもの凄く少ないらしいので、お金に余裕がある方は見つけたら即買いした方がいいかも!?

※本物は市場に出回っているうちの1割らしいです。

 

本物のししゃもは商品名に”本ししゃも”と表記されているので、そこで見分けるようにしましょう。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

体の代謝を正常化する”L-システイン”肌トラブルの改善に効果的

はじめにあなたはニキビや吹き出物に出来やすくて悩んでいませんか・・・?思春期の頃は仕方ないかもしれませんが、大人になってからもニキビが消えないという人は、根本的に改善しないといけない部分があり、サプリ …
no image

『アローカナ』青い卵を産む鶏

私たちが普段食べている卵。スーパーでよく見かけるものは白玉と赤玉がありますよね?  あなたは白玉、赤玉どちらをいつも買っていますか?ちなみに私は、ちょっとだけ高いけど赤玉派です(* …
no image

“豚と猪”家畜と野生の違いとは?

はじめに普段は豚肉を食べている私達ですが、旅行などで田舎に訪れると猪肉を食べることもあると思います。 はじめて食べた時の感想は、『硬くて赤身が多い豚肉・・・』という感じでした。これはこれでア …
no image

人肉を食べると気が狂う?その理由とは

はじめにあなたは人の肉って食べてみたいと思ったことありますか?普通の人はないと思いますが、世の中には人肉を食べる”カニバリズム”に非常に関心を持っている人もいます。実際に、殺人 …
no image

『カース・マルツゥ』蛆虫入りの腐ったチーズ

はじめにあなたはチーズ好きですか?私はお酒が苦手なのでしないのですが、ワインと一緒に食べるとより一層美味しく感じることができるらしいですねぇ(*´ω`*) そんなチーズですが、日本で馴染みの …