ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

Twitterで話題になっている『鼻の穴に”ワセリン”』本当に花粉症に効くの?

投稿日:

はじめに

花粉症がつらいのはみんな同じなようで、最近Twitterでは『鼻の穴に”ワセリン”』という花粉症対策法が拡散されています。

あなたは知っていましたか?

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

これがまた効果テキメンらしく、「普通の花粉症対策の薬よりも効く!」という声もチラホラ挙がっています。

薬局で売られている、市販の花粉症対策の薬は値段も高いですし、お財布にも優しいです(*´ω`*)

 

今回は、この『鼻の穴に”ワセリン”』について書いていきたいと思います。

 

 

『鼻の穴に”ワセリン”』の方法

知らない方のために方法を書いておきますね。

とはいっても、名前の通りで鼻の穴にワセリンを塗るだけです(*´ω`*)

鼻の中だけではなく鼻の下にも塗ると効果UP!

塗るときには、綿棒を使うと塗りやすいです。

 

また、ワセリンの量には気を付けてください。

鼻の中に薄くでも保護膜を作れればいいので、ベッタリと塗りまくる必要はないです。なので、鼻の中を一通り塗ったあとにはティッシュで余分なワセリンは拭き取るようにしましょう。

ワセリンを多く塗りすぎていると、鼻の中の粘膜が荒れてしまう可能性があります。

 

 

なんで花粉症にワセリンが効くの?

では、どうして鼻の穴にワセリンを塗るだけで花粉症対策になるのか?

それは、ワセリンの成分に秘密があります。

 

実は、ワセリンは石油を原料に作られた鉱物油です。

油なので表面に塗ると保護膜を作ってくれて、花粉から守ってくれるのです。

 

ただ、上でも書いた通り、塗りすぎると粘膜が荒れてしまうので気を付けてください。

 

 

鼻だけではなく、目の花粉症対策もできる

また、ワセリンは鼻だけではなく目の花粉症対策にも使うことができます。

 

目の周りに塗るだけで効果があるそうですが、詳しくは涙袋からまぶたのラインにサッと塗るといいみたいです。

 

もちろん、これだけでもだいぶ症状を軽減できるのですが、直接目に入ってくる花粉までは防げないので、花粉症対策メガネも一緒に使うと花粉を完全シャットアウトできて完璧だと思います(*´ω`*)

 

 

そもそもワセリンって安全なの?

上でも書いたように、ワセリンは石油からできている鉱物油です。

石油を顔に塗りまくって大丈夫なの・・・?って思う方もいるかもしれませんね。

 

たしかに、ワセリンは精製技術がまだ発達していなかった頃に化粧品に使われて、肌トラブルを起こす人が続出するという大問題がありました。

しかし、その大問題から精製技術は飛躍的に進化しました。今となっては、自然由来の素材を使ったものよりもトラブルが起きにくく、腐る心配もないことから安定・安全な化粧品などのベースとして色々な商品に使われています。

 

なので、昔を知っている人ほど不安に思うかもしれませんが、全く心配する必要はないのです(*´ω`*)

 

 

さいごに

以上が、最近噂になっている『鼻の穴に”ワセリン”』についてです。

 

Twitterでものすごく流行ったので、今はワセリンが品薄になっているところも多いんだとか・・・

私も今度試してみようかなぁ(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

世界一過保護なカエル『Boulanger’s backpack frog』

世界一過保護なカエルを知っていますか?『Boulanger’s backpack frog』 ※ちょっと閲覧注意かも 背中で子育てをする半水棲のカエルである。&nbsp …
no image

龍涎香って?

『龍涎香』 聞いたことあるでしょうか? 見たことあるでしょうか?   ↓の写真がその龍涎香です   おそらく聞いたことない方がほとんどだと思います。 これは一体何か?   …
no image

『夜驚症』夜泣きと勘違いしやすい睡眠障害

子育てで大変なのが、赤ちゃんの夜泣き。夜中に赤ちゃんが泣きだして「あー夜泣きかぁ」と赤ちゃんをあやすのは大変ですよね(´・ω・`)  しかし、ただの夜泣きではない可能性があるのです …
no image

ドライヤーを使わないと髪が痛む?自然乾燥がいけない理由

はじめにあなたはお風呂からあがった時に毎回しっかりドライヤーで乾かしていますか?男の人などは特にですが、自然乾燥で済ませているという人も多いのではないでしょうか。 今まで、ドライヤーというも …
no image

リチウム電池の3倍の性能を持つ”陶器電池”がすごい!

はじめに私たちの身の回りには、時計やリモコン、ゲーム機などの電池を使わないと動かないものがたくさんあります。  そんな電池ですが、以前から高温になりすぎると爆発したり、液漏れをして …