ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

回転寿司の人気ネタ”エンガワ”の正体

投稿日:

はじめに

全体的にあっさりとした味わいのお寿司。

そんな中で、珍しく濃厚な味わいを持つのが”エンガワ”です。あまりにも濃厚すぎて青葉と一緒にシャリに乗っけてあるほど・・・

 

エンガワ

 

そもそも、エンガワって何の魚なの?って人もいるかもしれないから説明しておきますね。

一般的には、エンガワとはヒラメやカレイのひれを動かすための筋肉の部分を指します。

コリコリとしているにもかかわらず、非常にたくさんの脂も乗っていてトロなどと同じくらい希少なネタです。

 

ひれからしかとれないので、一匹の魚からとれる量も非常に少ないですし、カレイはともかくヒラメは漁獲量も少ないです。この2点からエンガワはもともと非常に高価だったんですよ。

 

しかし、そんな高価なエンガワも最近では回転寿司で100円で食べられる時代になりました。

けどね、やっぱり高価なエンガワを100円でポンポン提供できるっておかしいなって思ってたらやっぱり秘密がありました・・・(;’∀’)

 

今回は、この回転寿司のエンガワについて書いていきたいと思います。

 

 

回転寿司のエンガワの正体

では、回転寿司で提供されている安価なエンガワの正体は一体何なのか!?

 

正体はなんと・・・

“カラスガレイ”という魚らしいです!

※ギンガレイと呼ばれることもあるみたい。

 

カラスガレイ

 

マグロの代用魚であるアカマンボウなどと違い、こちらはちゃんとカレイを使っているんですね~

 

このカラスガレイ、ヒラメと比べると倍くらいの大きさがあって、とれるエンガワの量で見てみると7倍くらいの差があるんですよ。

 

日本でも獲れるのですが、回転寿司で使っているのは外国産のものがほとんどらしいです。

 

やはり、本物であるヒラメのエンガワよりはだいぶ味が落ちますが十分美味しいですし、「100円で提供できるならもうこれでいいやぁ!」って気持ちにさせてくれます(*´ω`*)

 

もうひとつのエンガワの代用魚

回転寿司のエンガワには、カラスガレイの他にも代用魚が使われています。

 

もうひとつの代用魚、それは・・・

“アブラカレイ”です。

 

アブラカレイ

 

 

回転寿司でのエンガワは、”カラスガレイ”か”アブラカレイ”のどちらかを使っているそうです。

 

 

さいごに

以上が、回転寿司の”エンガワ”の正体になります。

 

お店で『エンガワ』とだけ表記されているのは、今回紹介したような代用魚を使用している可能性が高いですが、『ヒラメのエンガワ』と表記しているところは本物だと思ってもいいと思います。

 

気になる方は店員に聞いてみるのが一番いいんですけどね(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

『ココナッツオイル』が持つ効果

最近やたらプッシュされていて、ドラッグストアとかでも見かけるようになった『ココナッツオイル』。  女性なら今や誰でも知っているんではないでしょうか?私も最近、友達がコーヒーにココナ …
no image

『ベニクラゲ』不老不死のクラゲ

人間が誰しも夢見る『不老不死』・・・それを叶えている生物がなんと地球上に存在するのです。 その生物とは・・・『ベニクラゲ』!  なんか体内の赤い部分がハート(心臓)みたい …
no image

自分にだけ音が聞こえるスピーカー”A Speaker”が開発中!

はじめに音楽や映画を大音量で楽しみたい!けど、音漏れで近所や周りの人に迷惑かけちゃうしどうしよう・・・ってお悩みの方に朗報です。 なんと、自分の耳にだけ音が届けられる、まるでマジックのような …
no image

スーパーで売っている”サンマ”お腹の穴は寄生虫がいた証拠

はじめに日本の食卓では昔から魚がよく出てきます。そんな中で一番食べられている魚といえば”サンマ“ですよね。シャケも捨てがたいですが・・・ スーパーでは秋になると、1匹 …
no image

骨を貪り食う者”ゾンビワーム”とは?

はじめに海底に沈んだ生物の死骸は、他の色々な生物に食べられて自然に還っていきます。 肉は貝やカニに食べられてすぐなくなってしまうのですが、それだけでは骨が残ってしまいます。しかし、海の底に潜 …