ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

回転寿司の人気ネタ”エンガワ”の正体

投稿日:

はじめに

全体的にあっさりとした味わいのお寿司。

そんな中で、珍しく濃厚な味わいを持つのが”エンガワ”です。あまりにも濃厚すぎて青葉と一緒にシャリに乗っけてあるほど・・・

 

エンガワ

 

そもそも、エンガワって何の魚なの?って人もいるかもしれないから説明しておきますね。

一般的には、エンガワとはヒラメやカレイのひれを動かすための筋肉の部分を指します。

コリコリとしているにもかかわらず、非常にたくさんの脂も乗っていてトロなどと同じくらい希少なネタです。

 

ひれからしかとれないので、一匹の魚からとれる量も非常に少ないですし、カレイはともかくヒラメは漁獲量も少ないです。この2点からエンガワはもともと非常に高価だったんですよ。

 

しかし、そんな高価なエンガワも最近では回転寿司で100円で食べられる時代になりました。

けどね、やっぱり高価なエンガワを100円でポンポン提供できるっておかしいなって思ってたらやっぱり秘密がありました・・・(;’∀’)

 

今回は、この回転寿司のエンガワについて書いていきたいと思います。

 

 

回転寿司のエンガワの正体

では、回転寿司で提供されている安価なエンガワの正体は一体何なのか!?

 

正体はなんと・・・

“カラスガレイ”という魚らしいです!

※ギンガレイと呼ばれることもあるみたい。

 

カラスガレイ

 

マグロの代用魚であるアカマンボウなどと違い、こちらはちゃんとカレイを使っているんですね~

 

このカラスガレイ、ヒラメと比べると倍くらいの大きさがあって、とれるエンガワの量で見てみると7倍くらいの差があるんですよ。

 

日本でも獲れるのですが、回転寿司で使っているのは外国産のものがほとんどらしいです。

 

やはり、本物であるヒラメのエンガワよりはだいぶ味が落ちますが十分美味しいですし、「100円で提供できるならもうこれでいいやぁ!」って気持ちにさせてくれます(*´ω`*)

 

もうひとつのエンガワの代用魚

回転寿司のエンガワには、カラスガレイの他にも代用魚が使われています。

 

もうひとつの代用魚、それは・・・

“アブラカレイ”です。

 

アブラカレイ

 

 

回転寿司でのエンガワは、”カラスガレイ”か”アブラカレイ”のどちらかを使っているそうです。

 

 

さいごに

以上が、回転寿司の”エンガワ”の正体になります。

 

お店で『エンガワ』とだけ表記されているのは、今回紹介したような代用魚を使用している可能性が高いですが、『ヒラメのエンガワ』と表記しているところは本物だと思ってもいいと思います。

 

気になる方は店員に聞いてみるのが一番いいんですけどね(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

“乳酸菌飲料(殺菌)”という表示について

みなさん乳酸菌飲料飲んでますか~?乳酸菌は体に良いので、色々な飲料の売り文句にされていますよね。 しかし、よくよくペットボトルの表示を見てみると・・・  “乳 …
no image

『終末時計』世界の終わりを告げる時計

「世界の終わりがくるとき、7人の天使がラッパを吹いて知らせるだろう」って世界の終わりを告げる『ヨハネの黙示録』をあなたは知っていますか?  しかし、実は世界の終わりを告げるものは天 …
no image

『亜鉛』の摂取で怪我と病気に強くなろう

最近の研究では、私達人間の体にはビタミンやアミノ酸など、色々な栄養が必要なことが判明しています。 しかし、必要な分の栄養を摂取しようとすると想像以上に大変です。そこで、簡単に摂取目標に届くよ …
no image

『キビヤック』アザラシを使った世にも奇妙な食べ物

あなたは『キビヤック』って聞いたことありますか?アラスカなどに住むイヌイットの方々の食べ物であり、非常に面白い作り方をすることで有名です。    驚き!キビヤッ …
no image

あれ、視界に埃?細菌?それは『飛蚊症』

普段生活していて一瞬、視界の端に何かが飛んでいたような気がするときがありませんか?  ↑の画像のように視界に、ほこりとか細菌のようなものがいっぱい浮いていて、それが気になってしまう …