ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

“教師”と”パン屋”は早死にする?2つの職業の共通点とは

投稿日:

はじめに

あなたの職業は何ですか?

この世界は色々な職業で溢れています。

 

ストレスが多い職業、肉体的負担が大きい職業、それぞれの職業ごとに特徴がありマイナスとなる面も持ち合わせています。

 

そんな中で、最も嫌な特徴である”早死にしやすい”職業があるのを知っていましたか?

その職業は”教師“と”パン屋“。

 

この2つの職業には一体どのような共通点があるのか?

今回は、それについて書いていきたいと思います。

 

 

2つの職業がなりやすい病気と共通点

“教師”と”パン屋”。

パッと見て何が共通しているのか?何が体に悪いのか?

気付く人は気付くと思います・・・

 

そう、この2つの職業は仕事上で細かい粉の舞う中にいるのです。

教師は黒板を消す際にチョークの粉を、パン屋はパンを作る際に小麦粉を大量に吸ってしまう環境にあります。

 

小麦粉

 

そして、細かい粉を吸うことによって、肺に影響が起きてしまい”肺ガン”のリスクがかなり高まってしまいます。

もちろん、肺ガンの先に待っているのは『死』です・・・

 

これのせいで早死にしてしまう人が多いんですね(´・ω・`)

 

 

病気になる原因

しかし、普通の粉が舞っている中で働いただけではそう簡単に死ぬものではありません。

粉が舞っている環境で働くだけで早死にしてしまうんだったら、他にも色々な職業がピックアップされてしまいますもんね。

 

実は、2つの職業とも、舞っている粉の成分が体に相当悪いのです。

 

【教師:チョークの粉】

チョークは硫酸カルシウム(石膏)からできているものと炭酸カルシウム(貝殻など)からできているものがあります。

 

炭酸カルシウムには毒性はないのですが、硫酸カルシウムからできているものは、吸い込んで肺に蓄積されることによって肺結核症や肺繊維症を引き起こします。

 

また、青色のチョークに含まれている銅は肺ガンのリスクをさらに高めます。

 

【パン屋:酵母入りの小麦粉】

原料である小麦粉。これに酵母を加えてパンは作られているのですが、酵母は言ってしまえば一種のカビです。

 

酵母=カビ入りの粉を毎日吸うことによって肺臓炎や肺ガンのリスクが跳ね上がってしまいます。

 

 

さいごに

以上が、教師とパン屋が早死にしやすい理由となります。

 

私もこんな事実があること自体、最近まで知らなかったのでちょっとビックリしました・・・

パン屋は憧れてたんだけどなぁ~(´・ω・`)

 

まだ、パン屋は作るときにマスクをすることで、ある程度防げそうですが、教師は生徒に声が通らなくなっちゃうからマスクできませんもんねぇ・・・

これはもう黒板じゃなくてホワイトボードを使うしかないですね。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パスタを茹でるときに塩を入れる理由

ペペロンチーノにボロネーゼ、ナポリタン!日本人もよく食べるようになった麺類『パスタ』ですが、茹でるときにはみんな塩を入れると思うんですよね。  私も何も考えずに塩を入れて茹でていた …
no image

ラムネの栓に使われているのは”ビー玉”ではない?

はじめにキレイな丸い形にカラフルで綺麗なガラス玉。そう、”ビー玉”です。 ビーダマンなどのビー玉を使ったおもちゃなども生まれていて、子供時代に誰しもが手にした遊び道具 …
no image

『お酢』の効能

『お酢』が体にいいことはみなさんご存知だと思いますが、具体的にどんな効果があるかは知らないって人が多いと思います。  【お酢の効能】・疲れにくくなる・眠りに入るのが楽になる・寝起き …
no image

“北センチネル島”絶対に生きて帰れない島

はじめに世界には色々な島がありますね。私達の国、日本はまだ島国の中でも大きい方で、世界にはまだまだ小さい島で生活している人がたくさんいます。 そんな島国の中で、上陸するだけで死んでしまう島が …
no image

チョウザメの卵”キャビア”の秘密

はじめに世界三大珍味のひとつである”キャビア“。あなたは好きですか? 食べるとたちまち海の香りが口いっぱいに広がります。やはり、世界三大珍味といわれるだけあって値段は …