ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

“教師”と”パン屋”は早死にする?2つの職業の共通点とは

投稿日:

はじめに

あなたの職業は何ですか?

この世界は色々な職業で溢れています。

 

ストレスが多い職業、肉体的負担が大きい職業、それぞれの職業ごとに特徴がありマイナスとなる面も持ち合わせています。

 

そんな中で、最も嫌な特徴である”早死にしやすい”職業があるのを知っていましたか?

その職業は”教師“と”パン屋“。

 

この2つの職業には一体どのような共通点があるのか?

今回は、それについて書いていきたいと思います。

 

 

2つの職業がなりやすい病気と共通点

“教師”と”パン屋”。

パッと見て何が共通しているのか?何が体に悪いのか?

気付く人は気付くと思います・・・

 

そう、この2つの職業は仕事上で細かい粉の舞う中にいるのです。

教師は黒板を消す際にチョークの粉を、パン屋はパンを作る際に小麦粉を大量に吸ってしまう環境にあります。

 

小麦粉

 

そして、細かい粉を吸うことによって、肺に影響が起きてしまい”肺ガン”のリスクがかなり高まってしまいます。

もちろん、肺ガンの先に待っているのは『死』です・・・

 

これのせいで早死にしてしまう人が多いんですね(´・ω・`)

 

 

病気になる原因

しかし、普通の粉が舞っている中で働いただけではそう簡単に死ぬものではありません。

粉が舞っている環境で働くだけで早死にしてしまうんだったら、他にも色々な職業がピックアップされてしまいますもんね。

 

実は、2つの職業とも、舞っている粉の成分が体に相当悪いのです。

 

【教師:チョークの粉】

チョークは硫酸カルシウム(石膏)からできているものと炭酸カルシウム(貝殻など)からできているものがあります。

 

炭酸カルシウムには毒性はないのですが、硫酸カルシウムからできているものは、吸い込んで肺に蓄積されることによって肺結核症や肺繊維症を引き起こします。

 

また、青色のチョークに含まれている銅は肺ガンのリスクをさらに高めます。

 

【パン屋:酵母入りの小麦粉】

原料である小麦粉。これに酵母を加えてパンは作られているのですが、酵母は言ってしまえば一種のカビです。

 

酵母=カビ入りの粉を毎日吸うことによって肺臓炎や肺ガンのリスクが跳ね上がってしまいます。

 

 

さいごに

以上が、教師とパン屋が早死にしやすい理由となります。

 

私もこんな事実があること自体、最近まで知らなかったのでちょっとビックリしました・・・

パン屋は憧れてたんだけどなぁ~(´・ω・`)

 

まだ、パン屋は作るときにマスクをすることで、ある程度防げそうですが、教師は生徒に声が通らなくなっちゃうからマスクできませんもんねぇ・・・

これはもう黒板じゃなくてホワイトボードを使うしかないですね。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

蛆虫で治療『マゴットセラピー』

ハエの幼虫『蛆虫』。気持ち悪いですよね・・・  普段は生ごみなどに湧いて私たちを困らせる存在ですが、ときには助けてくれる存在になることもあるのです。 それが『マゴットセラ …
no image

茄子の種が多かったり黒ずんでいたりする原因とは?

はじめに最近、台風や雨の影響でレタスやキャベツなどの葉物野菜が高い状態が続いていますね。ひどいところでは1玉\500もするところもあるとか・・・ そんな中で安くて美味しい野菜、それは『茄子』 …
no image

回転寿司の定番ネタ”マグロ”の代用魚

はじめに今まで、お寿司といえばお金持ちが食べるもので、一般人は特別な日以外は食べたくても食べれない高級料理でした。そんな一般人に救いの手を差し伸べてくれたのが”回転寿司”!登場 …
no image

ラムネの栓に使われているのは”ビー玉”ではない?

はじめにキレイな丸い形にカラフルで綺麗なガラス玉。そう、”ビー玉”です。 ビーダマンなどのビー玉を使ったおもちゃなども生まれていて、子供時代に誰しもが手にした遊び道具 …
no image

回転寿司の人気ネタ”エンガワ”の正体

はじめに全体的にあっさりとした味わいのお寿司。そんな中で、珍しく濃厚な味わいを持つのが”エンガワ”です。あまりにも濃厚すぎて青葉と一緒にシャリに乗っけてあるほど・・・&nbsp …