ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

長寿命が売りの”LED電球”弱点は電解コンデンサーにあった!

投稿日:

はじめに

今やすっかり日常に馴染んだLED電球。

従来の白熱電球よりも、はるかに長寿命で節約とエコを併せ持った優れものというのがウリで登場しました。

 

電球

 

私もLED電球が登場してからは、電球を変えるときにはちょっと高くてもLED電球を買うようにしていました。

その方が結果的にお財布にも地球にも優しいと思ってね。

 

しかし最近は、長寿命が大前提にあり節約とエコを謳っているこのLED電球が、本来の寿命を果たせずに途中で切れてしまう事態が続出しているとのこと・・・

 

今回はその件についてまとめていきたいと思います。

 

 

LED電球のウリ(長所)とは?

【長所】

  • 非常に長寿命。
  • 高い省電力性能。
  • 紫外線や赤外線の放出量が少なく目に優しい。
  • 点灯と消灯を繰り返すことによる寿命の減少がない。
  • 直流電流による安定性で”チラつき”がない。
  • 点灯中の発熱が少ない。

 

【短所】

  • 従来の白熱電球に比べ、購入時の値段が高い。
  • 白熱電球に比べ、若干暗い。
  • 製造過程の問題で、同じ商品でも光にバラつきが生じることがある。

 

以上のように、ほとんど白熱電球の上位互換ともいえる性能を持っているのが”LED”電球です。

ただ、若干暗いっていうのは確かに感じますね・・・。

購入時の値段は高くてもランニングコストが段違いなので、寿命を全うすることができれば大きくLED電球の方に分があります。

 

 

LED電球が寿命を全うせずに切れる理由とは・・・?

長寿命と言われているLED電球。

どれくらい長いかというと、その時間は35,000~50,000時間や10年などと言われています。

 

そんな長寿命であるLED電球が最近、切れてしまう原因。実はLED自体には問題はなかったのです。

 

どうやら問題があるのは、基盤部分の”電解コンデンサー”と呼ばれる部分らしいです。ここが、電球のガラスにより長時間籠った熱で故障してしまうんですよね。

 

これは、長寿が売りのLEDが1年たらずで切れたというクレームから回収された電球を分解して判明しました。

 

最近になって話題になってきた、このLED電球切れの問題ですが、オモテに出てきていないだけでLEDが登場した初期にはもっとあった様子。

一応、今の方が粗悪な”電解コンデンサー”を使ったLED電球を作っている会社は少ないようです。

 

 

ダメなLED電球を避けるポイント

じゃあそんな粗悪な”電解コンデンサー”を使ったLED電球を避けるにはどうしたらいいか?

 

ちょっと高くても我慢して、なるべく大手の会社が作っているLED電球を買いましょう。

シャープやパナソニック、東芝や三菱電機などの会社が出しているものですね(*´ω`*)

 

初めて聞いたような会社で安いものは中国製の基盤部分”電解コンデンサー”を使っている可能性があり、点灯寿命を全うできない可能性が高いです。

 

また、大手が作っているLED電球は実際寿命を全うできずに切れたという報告もなく、非常に安定しています。

 

 

さいごに

以上が、LED電球が寿命を全うできずに切れてしまう真相となります。

 

やはり、安かろう悪かろうはいけませんね・・・

私もこれからは安さだけで選ぶのではなく、しっかりと製造会社まで見てから買うようにします(`・ω・´)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

水鳥とアリゲーターの残酷な共生関係

はじめにこの世界には様々な動物が生活しています。基本的には敵同士ですが、利害関係が一致すれば共生する場合も多々あります。 そんな共生している動物の組み合わせに”水鳥&アリゲーター …
no image

回転寿司の定番ネタ”マグロ”の代用魚

はじめに今まで、お寿司といえばお金持ちが食べるもので、一般人は特別な日以外は食べたくても食べれない高級料理でした。そんな一般人に救いの手を差し伸べてくれたのが”回転寿司”!登場 …
no image

南海トラフ地震に備えて”中央構造線”を知っておこう!

はじめになぜ熊本で地震が起きた今、南海トラフ地震に注意と言われているのか・・・疑問に思っている方はいませんか? 実は、こう言われる原因は”中央構造線“にあるのです!& …
no image

木製の家具やフローリングがへこんでしまった時の対処法

木製の家具や、フローリングに重いものを置いてしまった際にへこんでしまうことがありますよね。 へこんだままでは不格好で気分までへこんでしまいます・・・   今回はそんなときの対処法を紹介します …
no image

世界一過保護なカエル『Boulanger’s backpack frog』

世界一過保護なカエルを知っていますか?『Boulanger’s backpack frog』 ※ちょっと閲覧注意かも 背中で子育てをする半水棲のカエルである。&nbsp …