ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『ラーテル』ギネスにも登録された”世界一怖いもの知らずの動物”

投稿日:

はじめに

あなたは目の前にライオンやヒョウがいたらどうしますか?

怖くてとてもじゃないけど動けないですよね(;’∀’)

足ガクガクです・・・

 

これは自然界の動物達も同じで、みんな恐怖心を持つことができ、自分より恐ろしい相手には本能でヤバいと感じるようになっています。

 

しかし、自然界にはこの”恐怖心”が無いんじゃないか?ってくらい怖いもの知らずの動物がいます。

それは、『ラーテル』という動物です。

 

ラーテル

 

今回は、そんな”ラーテル”について書いていきたいと思います。

 

 

ラーテルってどんな動物?

別名『ミツアナグマ(蜜穴熊)』とも。

 

好物はどっかの黄色いクマと一緒で”ハチミツ”です。

このハチミツを巡って、同じミツを狙うミツオシエ科の小鳥と共生関係にあります。

 

下で色々と紹介するのですが、自分の体の丈夫さと最終兵器があるからか自信満々で”怖いものなし”な性格で有名。また、食欲も旺盛で貪欲です。

 

ライオンやコブラに囲まれても威勢よく威嚇するようなことから『世界一怖いもの知らずの動物』としてギネスにも登録されているんですよ(*‘∀‘)

 

ミツオシエ科の小鳥との共生関係

ミツオシエ

 

このミツオシエ科の小鳥は、ハチの巣を見つけるとけたたましい声をあげながらラーテルの周りを飛び回り、ミツを発見したことを知らせます。

この知らせを受けたラーテルはハチの巣まで行き、巣を壊して、両者ともに美味しいハチミツをいただくことができるのです。

 

まさにwin-winな関係・・・!

 

装甲のような皮膚

皮膚がとても分厚く、それでいてかなりの伸縮性を持っており、まるで”柔軟な装甲”のようになっています。

 

ハチミツを食べる際に、ハチからの攻撃をを受けるのですがラーテルにとっては全く痛くありません。

 

ましてや、裏返しにされて弱点である腹を晒すようなことが無い限り、ライオンですら傷つけることはできないそうです(゚Д゚;)

 

最終兵器の臭腺

また、肛門近くに”臭腺”をがあり、追い詰められた際にはここからものすごい臭い液体を噴出して戦います。

 

液体が目にかかると最悪失明の可能性もあるとか・・・

 

強力な猛毒耐性

ハチミツの他にもヘビなどを食べるのですが、捕食の際にはもちろん噛まれることもあるそうです。

しかし、ラーテルはヘビの猛毒に対して強い耐性を持っているので、たとえ噛まれたとしても一時的に動けなくなるだけで、数時間後には元気ピンピンに復活しているのです。

 

す、すごい・・・(゚Д゚;)

 

 

さいごに

以上が、世界一怖いもの知らずの動物”ラーテル”の紹介になります。

 

その分厚くて強靭な皮膚にあやろうと、南アフリカ共和国で開発された戦車に『ラーテル歩兵戦闘車』という名前がつけられたこともあるんですよ。

 

これだけ強くて面白い生態を持った動物なのに、知名度が低すぎるのがちょっと不思議です・・・(´・ω・`)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

なぜ馬肉だけは刺身で食べて大丈夫なのか?

はじめに近年、牛のレバ刺しの販売が禁止されたりして生肉好きの人には生きにくい世の中になっていますよね。 そもそもなんで牛肉や豚肉を生で食べたらダメなんでしょう?鶏だって新鮮なものじゃないと刺 …
no image

“雨が降った時の匂い”の正体とは!?

はじめにあなたは”雨が降った時の匂い“って感じたことがありますか?田舎の方だと、すでに雨が降っている方角からの匂いを感じ取って、雨が降るのを予想できる人もいるのだとか。&nbs …
no image

“ベンジン”は危険?ハクキン懐炉を使っている人は注意!

はじめに最近一気に寒くなってきましたね・・・そろそろ外に出るときにカイロを持ち出す人も増えてきたのではないでしょうか。一般的には使い捨てカイロを使う人が多いと思いますが、ちょっと通な人はハクキン懐炉を …
no image

洗顔料や歯磨き粉の『スクラブ』は危険だった・・・その理由とは?

男性向けのサッパリとした洗い上がりが特徴だったりする洗顔料や歯磨き粉によく入っている『スクラブ』。実は最近、私達にとってとても危険だったことが判明したと話題になっています・・・   …
no image

『芽殖孤虫』致死率100%!正体不明の寄生虫

はじめに寄生虫。カマキリにはハリガネムシなど、虫にはよくいますよね。 一方、人間を宿主とする寄生虫としてはサナダムシやカイチュウが有名です。これらは体内にいてもさほど影響はなく、まだ安全なの …