ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『ウロコフネタマガイ』鉄の鱗を纏う貝

投稿日:

はじめに

あなたは貝の殻が何でできているか知っていますか?

そう、カルシウムです。私達人間の骨と一緒ですね(*´ω`*)

 

しかし、世界には数え切れないほどの貝殻を持つ生物がいます。今回はその中から、カルシウムではなく“鉄”を纏っている貝『ウロコフネタマガイ』を紹介しようと思います。

 

 

ウロコフネタマガイってどんな貝?

『ウロコフネタマガイ』はインド洋で発見された巻貝の一種であり、体表に硫化鉄でできた鱗を持っています。

※別名『スケーリーフット』ともいいます。

 

ウロコフネタマガイ

 

まるで、”オウムガイ”のようですね・・・

硫化鉄の鱗を表面に持っているだけあって、黒光り具合がハンパないです。鉛筆の芯みたい(*‘∀‘)

 

ウロコフネタマガイの殻の直径は最大でおよそ45mmと意外に小さいサイズ。オウムガイがでかいイメージあるからなんか不思議ですね。

 

また、纏っている鱗は鉄なので錆びることもありますし、磁力も帯びています。錆びると褐色を帯びるので、さらにカッコイイデザインになるんですよ(*´ω`*)

 

でも、パッと見だと”鉄の鱗”というよりも”鉄の殻”のようにしか見えないですよね。

これは、鱗の配列が密過ぎてこう見えちゃうみたい。

 

2009年の調査では硫化鉄を纏っていない白い個体も発見されていて、どうして硫化鉄を纏っていなかったのか、それとも単に纏う前だったのかは分かっていない。

 

また、貝類は普通危険を感じたら貝殻の中に入って蓋をキッチリ閉めるものですが、このウロコフネタマガイは蓋が非常に小さく防御の役割を果たしているとは思えないサイズなのだそう・・・

一応、捕食者に襲われると蓋ではなく鱗を持った足を絡めて防御するのではないか?と研究者の人達は予想しているみたいです。

 

いずれにせよ、まだ謎が多い生き物なのです。

 

 

新江ノ島水族館で飼育されていたこともある

2006年にウロコフネタマガイの飼育実験があったのですが、このとき採取されたウロコフネタマガイの一部が実験後に”新江ノ島水族館”に輸送されたのです。

 

しかし、わずか数日後に死滅してしまいました・・・

実験で弱っていたこともありウロコフネタマガイには可哀想な結果となってしまいました(´・ω・`)

 

でも、いつかは生のこのフォルムを水族館で見たいので研究者の方達には頑張ってもらいたいですね!

 

 

さいごに

以上が、鉄の鱗を纏う貝”ウロコフネタマガイ”についてとなります。

 

他にも面白い生態を持った貝がたくさんいるので、おいおい紹介していきたいと思っています(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

スーパーで売っている”サンマ”お腹の穴は寄生虫がいた証拠

はじめに日本の食卓では昔から魚がよく出てきます。そんな中で一番食べられている魚といえば”サンマ“ですよね。シャケも捨てがたいですが・・・ スーパーでは秋になると、1匹 …
no image

新しい住居選びで最上階は避けた方がいい?その理由とは

はじめに季節は春。新しい住居を選んで新生活をスタートされた方も多いんじゃないでしょうか? 部屋を探すときには色々な条件を考えて、自分の希望になるべく近い物件を探したと思います。中でも、高層に …
no image

できた場所でわかる”大人ニキビ”の原因

はじめにそこのあなた!大人になってもチョコチョコできるニキビに悩んでいませんか?それは”大人ニキビ(アダルトニキビ)”です。  思春期の理由もなくどこかしこ …
no image

『珍渦虫』ほとんどの体の器官を持たない謎だらけの生物

この世界には珍しい生物、まだ見つかっていないであろう生物がたくさん存在します・・・中でも海は地球の7割を覆っていて、底の底である深海には人間の調査の手が届いておらず、未だに謎の生物で満たされています。 …
no image

『とんかつにはキャベツ』の理由

厚めの豚ロースに衣をつけてカラッと揚げたとんかつ!昔から日本人に愛されている料理です。  このとんかつに絶対ついているもの。そう・・・それは『キャベツ』! なんでとんかつ …