ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『ウロコフネタマガイ』鉄の鱗を纏う貝

投稿日:

はじめに

あなたは貝の殻が何でできているか知っていますか?

そう、カルシウムです。私達人間の骨と一緒ですね(*´ω`*)

 

しかし、世界には数え切れないほどの貝殻を持つ生物がいます。今回はその中から、カルシウムではなく“鉄”を纏っている貝『ウロコフネタマガイ』を紹介しようと思います。

 

 

ウロコフネタマガイってどんな貝?

『ウロコフネタマガイ』はインド洋で発見された巻貝の一種であり、体表に硫化鉄でできた鱗を持っています。

※別名『スケーリーフット』ともいいます。

 

ウロコフネタマガイ

 

まるで、”オウムガイ”のようですね・・・

硫化鉄の鱗を表面に持っているだけあって、黒光り具合がハンパないです。鉛筆の芯みたい(*‘∀‘)

 

ウロコフネタマガイの殻の直径は最大でおよそ45mmと意外に小さいサイズ。オウムガイがでかいイメージあるからなんか不思議ですね。

 

また、纏っている鱗は鉄なので錆びることもありますし、磁力も帯びています。錆びると褐色を帯びるので、さらにカッコイイデザインになるんですよ(*´ω`*)

 

でも、パッと見だと”鉄の鱗”というよりも”鉄の殻”のようにしか見えないですよね。

これは、鱗の配列が密過ぎてこう見えちゃうみたい。

 

2009年の調査では硫化鉄を纏っていない白い個体も発見されていて、どうして硫化鉄を纏っていなかったのか、それとも単に纏う前だったのかは分かっていない。

 

また、貝類は普通危険を感じたら貝殻の中に入って蓋をキッチリ閉めるものですが、このウロコフネタマガイは蓋が非常に小さく防御の役割を果たしているとは思えないサイズなのだそう・・・

一応、捕食者に襲われると蓋ではなく鱗を持った足を絡めて防御するのではないか?と研究者の人達は予想しているみたいです。

 

いずれにせよ、まだ謎が多い生き物なのです。

 

 

新江ノ島水族館で飼育されていたこともある

2006年にウロコフネタマガイの飼育実験があったのですが、このとき採取されたウロコフネタマガイの一部が実験後に”新江ノ島水族館”に輸送されたのです。

 

しかし、わずか数日後に死滅してしまいました・・・

実験で弱っていたこともありウロコフネタマガイには可哀想な結果となってしまいました(´・ω・`)

 

でも、いつかは生のこのフォルムを水族館で見たいので研究者の方達には頑張ってもらいたいですね!

 

 

さいごに

以上が、鉄の鱗を纏う貝”ウロコフネタマガイ”についてとなります。

 

他にも面白い生態を持った貝がたくさんいるので、おいおい紹介していきたいと思っています(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

“ピーナッツ”の様々な呼び方と”ピーナッツオイル”の効果について

はじめにあなたは”ピーナッツ”は好きですか?私はアメリカ人お得意のピーナッツバターとか大好きです(*´ω`*)  けど、よく考えたらピーナッツって落花生にそ …
no image

寝るときに真っ暗なのは体に良くないという事実

あなたは寝る時には常夜灯をつけて寝るタイプですか?それとも真っ暗にして寝るタイプ?  実は、最近の研究で真っ暗にして寝ることは睡眠の質を下げてしまう可能性があるという結果が出ている …
no image

『水中毒』水の飲み過ぎに注意!?

私たちが普段飲んでいる水。人間の体の約60%は水で出来ているので、飲めば飲むほど体にいい気がしますよね(*´ω`*)※特に子供は80%も水分なのだとか。   しかし、最近 …
no image

実は不老不死?『ロブスター』の寿命について

以前、不老不死を持つ生物として『ベニクラゲ』を紹介したのですが、また不老不死に近い生物を見つけたので紹介したいと思います。 次の不老不死を持つ生物・・・それは『ロブスター』です。  …
no image

徳島県で食べられている”そば米”とは一体何なのか?

はじめにあなたは”そば米“って見たことありますか?徳島県など四国を中心に昔から食べられているようで、他の県でもそば米をウリにした食べ物をたまに見かけます。 しかし、一 …