ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

山菜には発がん性物質が含まれていて危険って本当?

投稿日:2016年2月13日 更新日:

山に生えている山菜!

獲ってからすぐに天ぷらにして塩をつけてサクッと・・・

新鮮で美味しいですよね~(*´ω`*)

 

よく節約生活や貧乏飯でも紹介されていたりします。

 

ゼンマイ

 

しかし、そんな山菜ですが・・・

なんと『発がん性物質』が含まれていることがあるという噂を耳にしました。

 

ひええ・・・山菜は美味しいですが、寿命が縮むのは勘弁ですよね(;’∀’)

 

そんなわけで、今回は山菜に含まれている発がん性物質について調べてみました。

 

 

 

発がん性物質を含んでいる山菜

いくら山菜が発がん性物質を含んでいるといっても、含んでいないものもあります。そこで、含んでいる山菜だけをここで挙げていきたいと思います。

 

  • ワラビ
  • フキノトウ
  • ゼンマイ
  • ミョウガ

 

これらの山菜は『ブタキロサイド』という発がん性物質や『ペンステニン』という発がん性物質、『チアミニーゼ』や『フキノトキシン』も含んでいます。

 

特に、山菜の代表とも言えるワラビとゼンマイが入っているのが怖いですね~(;’∀’)

 

 

山菜に含まれる発がん性物質の処理について

しかし、これらの山菜って私達よく食べてますよね。

何も体に起こってないし・・・なんででしょうか?

 

それは、山菜には発がん性物質が含まれていますが、それはごく少量であったり、逆に発がん性を抑える成分(拮抗物質)を含んでいるからです。

 

また、発がん性物質は水溶性であることがほとんどなので、キチンとアク抜きすることによってより安全に食べることができます。

 

こうしてキチンと処理された山菜であれば、発がんする確率はタバコの1万分の1以下だとも言われています。安心ですね(*´ω`*)

 

まぁそういうことなので、採ってすぐにかじったりは絶対にしないようにしましょうね。しっかりと家に持ち帰り、アクを抜いてから食べるようにしましょう。

 

 

 

以上が、山菜の発がん性物質についてです。

 

まぁ早い話が「いつも通りアク抜きして食べろ」ってことですね。

そうすれば山菜に含まれる発がん性物質に怯える心配はありません(`・ω・´)

 

ちなみに、アクを抜いたか抜いてないかを判別する方法があります。

それは・・・食べた時の苦味やえぐみです!

 

採ってきた山菜を奥さんが料理してくれたが、どうも不味い・・・

そういうときはしっかりアク抜きできてないかも!?

気を付けて下さいね(*´ω`*)

 

あと、ゼンマイには男ゼンマイと女ゼンマイというものがあって、暗黙のルールで採ってはいけないものもあります!

そのへんも事前に知識をつけてしっかり守って、楽しく美味しく山菜をいただきましょう。

 

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

カフェやスタバでの使い慣れていない用語まとめ

はじめに今の世の中、個人経営のカフェに加えてスタバやコメダ、サンマルクなどのチェーン系のカフェがたくさんあります。街を見渡せば、どこもかしこもカフェカフェカフェです。  そんなカフ …
no image

スーパーで売られている”子持ちししゃも”の正体

はじめに昔から、日本の質素な食事の定番とされてきた”ししゃも“。  ご飯味噌汁ししゃも漬け物なんでか分からないけど、惹かれるものがありますよね(*´ω`*) …
no image

『サルミアッキ』世界一不味い飴

世界一不味いと評判の食べ物・・・色々なジャンルで色々な食べ物がありますよね。 今回はその中から、世界一不味いと評判の”飴”を紹介しようと思います。名前は『サルミアッキ …
no image

『ミモレット』ダニの力で作られるチーズ

はじめに先日、チーズの中の奇妙な一品として、蛆虫を利用して作られている『カース・マルツゥ』を紹介したのですが、今回もチーズの中から一品紹介したいと思います。 今回は、『ミモレット』というチー …
no image

骨を貪り食う者”ゾンビワーム”とは?

はじめに海底に沈んだ生物の死骸は、他の色々な生物に食べられて自然に還っていきます。 肉は貝やカニに食べられてすぐなくなってしまうのですが、それだけでは骨が残ってしまいます。しかし、海の底に潜 …