ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『ベニクラゲ』不老不死のクラゲ

投稿日:

人間が誰しも夢見る『不老不死』・・・

それを叶えている生物がなんと地球上に存在するのです。

 

その生物とは・・・『ベニクラゲ』!

 

ベニクラゲ

 

なんか体内の赤い部分がハート(心臓)みたいで、いかにも『不老不死』って感じがしますね(*´ω`*)

というわけで、今回はそんなベニクラゲについて書いていきたいと思います。

 

 

 

ベニクラゲの『不老不死』のメカニズム

『不老不死』持つベニクラゲですが、その詳しいメカニズムについて書いていきます。

 

ベニクラゲはストレスや老化が進むと『ポリプ』と呼ばれる若い体に戻れる秘密があるのです。室温レベルで、たった2日もあれば可能なのだそう。この若返りは繰り返し可能なので『不老不死』という風に言われている。

 

まぁ厳密にいうと、年をとってから若返ってるので『不老』っていうより『若返り』が正解かな(*´ω`*)

 

また、ベニクラゲはクローン生物なので生き物の命を奪っているという罪悪感がなく研究ができるので、研究が捗るそう・・・

※ベニクラゲのほんのカケラから増殖することが可能。

 

 

ベニクラゲの歴史

ベニクラゲの『不老不死』が初めて観測されたのは地中海産の『チチュウカイベニクラゲ』が最初であり、1991年に学会発表されてセンセーションを起こしたのだそう。その後、各地でベニクラゲの『不老不死』を観測しようという動きが見られたが、地中海産の個体でしか『不老不死』の現象は確認されなかった。

 

しかし、2001年に日本の鹿児島湾で採集されたベニクラゲが『かごしま水族館』で見事『不老不死』の現象を表した。

 

ベニクラゲの『不老不死』実験の最高記録は、京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授による9回であったが、2012年に同じく久保田信准教授より「10回も若返らせることに成功した。」という発言がある。

 

そんな『不老不死』のベニクラゲですが、やはり食物連鎖による死は免れることはできません・・・

一説によると5億年生きている猛者もいるという話もあるんですが、食べられてしまうことを考えると信憑性は低いですね(´・ω・`)

 

 

 

以上が、ベニクラゲに関するお話となります。

 

ちなみにベニクラゲは全国の沿岸で普通に生息しているので、見ようと思えばどこでも見れるらしいですよ。まぁ実際見つけるのは難しいでしょうから、自分の家近くの水族館に行くのがベストですね(*‘∀‘)

 

また、ほとんど流通していないみたいですが、観賞用として売っているところもあるそうです。おそらく水族館からの購入になるのかな・・・?

アクアリウム好きな人は是非検討してみてはどうでしょう(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

牛乳瓶の形の秘密

給食などで馴染みのある『牛乳瓶』 この牛乳瓶の形って他にない形をしていますよね?   今回はそんな牛乳瓶のお話です。         なんで …
no image

『ホタテ』目の数と泳ぎ方

バターで炒めたり、シチューに入れたりととても美味しいホタテですが、今回はそんなホタテについて書いていきます。   【ホタテの目の数】 ホタテの目の数って知ってい …
no image

『グレープフルーツジュース』温めて飲むと脳が活性化!

ちょっと酸っぱいけど癖になる美味しさ『グレープフルーツジュース』  最近、このグレープフルーツジュースが温めて飲むことによってすごい効果を発揮することが判明しました(*´ω`*)& …
no image

骨を貪り食う者”ゾンビワーム”とは?

はじめに海底に沈んだ生物の死骸は、他の色々な生物に食べられて自然に還っていきます。 肉は貝やカニに食べられてすぐなくなってしまうのですが、それだけでは骨が残ってしまいます。しかし、海の底に潜 …
no image

ラムネの栓に使われているのは”ビー玉”ではない?

はじめにキレイな丸い形にカラフルで綺麗なガラス玉。そう、”ビー玉”です。 ビーダマンなどのビー玉を使ったおもちゃなども生まれていて、子供時代に誰しもが手にした遊び道具 …