ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『波欠け(マクリダシ)』角海浜で起きる恐ろしい自然現象

投稿日:

あなたは『波欠け(マクリダシ)』って知ってますか?

局地的にしか起きない自然現象なので知らない人が多いかもしれませんね。

 

マクリダシ

 

嵐、落雷、地滑りなど数々の自然現象がありますが、その中でも地滑りに近い現象になります。

 

 

 

波欠け(マクリダシ)ってどんな現象?

波欠け(マクリダシ)とは、上でも述べた通り地滑りと似たような現象です。

数十年に一度しか起こらないのですが、海に面した家を根こそぎ奪っていってしまう海岸浸食現象です。

 

【波欠け(マクリダシ)】

普段は緩斜面の海底に何らかの理由で瀬や深みができ、その海底地形によって生じた磯波と、海水を沖へと押し出す循環流が急激に砂を移動させるという、極めて局所的で稀な現象。

 

 

局所的にしか起こらないって、一体どこで起きるの?

波欠け(マクリダシ)が起きるのは、新潟県新潟市西蒲区にある角海浜というところです。

本当に条件が揃わないと起きない現象なので、ここでしか起こりません。

 

この角海浜には江戸時代からある角海浜村という村がありました。

しかし、波欠け(マクリダシ)によってどんどん海岸線が後退していき、なんと600mも後退してしまいました。

この波欠け(マクリダシ)の影響を受け、村の家の数は年々減っていき、ついに1974年には最後の住人も村を後にしてしまいました・・・

これによって角海浜村は、今は廃村となっています(´・ω・`)

 

村ひとつを廃村に追い込んでしまうなんて、恐ろしい現象ですね・・・

もし、いつか条件が揃ってしまって自分の住んでいるところで起きてしまうことを想像すると怖いです。

 

 

角海浜で見られる『鳴砂』

角海浜村は廃村になってしまい、原子力発電所を建てる計画などもあって色々あった角海浜ですが、実は美しい自然現象も見ることができました。

 

それは『鳴砂』です。

 

【鳴砂】

乾燥した砂粒の直径が0.25ミリから0.5ミリで、丸みのある石英質の砂粒が、こすれあって音を出す現象。歩くとキュッキュッと気持ちの良い音がする。

 

 

この鳴砂は砂粒の条件もあるのですが、本当に綺麗な浜でしか聞くことができないのです。

少しでも浜が汚れてしまうとこの音は聞こえなくなってしまいます・・・

※お茶碗一杯の鳴き砂の中にチョークの粉を、耳かき一杯入れただけでも音は出なくなるそうです。

 

一度汚れて鳴らなくなってしまうと、元に戻るのに百年以上はかかると言われています。

角海浜も1960年代半ばまでは聞けたらしいのですが、浜が汚れてしまい今ではすっかり聞けなくなってしまいました(´・ω・`)

 

砂の質は変わっていないので、また綺麗になるように人間が頑張れば聞けるようになる日がくるかもですね。

※『角海の鳴き砂をよみがえらそう会』の方々が鳴砂復活に向けて頑張ってくれているみたいです!

 

 

 

以上が、波欠け(マクリダシ)と角海浜に関するお話になります。

角海浜に人間はもう住めないにしても、鳴砂ははやく復活してほしいものですね(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

『芽殖孤虫』致死率100%!正体不明の寄生虫

はじめに寄生虫。カマキリにはハリガネムシなど、虫にはよくいますよね。 一方、人間を宿主とする寄生虫としてはサナダムシやカイチュウが有名です。これらは体内にいてもさほど影響はなく、まだ安全なの …
no image

『ビーポーレン(花粉玉)』が持つ効果

パンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりと非常に使いやすいハチミツ。このハチミツを作ってくれるのは、みなさん知っての通り『ミツバチ』ですが、ミツバチが作っているのはハチミツだけじゃないって知ってました?& …
no image

『ホタテ』目の数と泳ぎ方

バターで炒めたり、シチューに入れたりととても美味しいホタテですが、今回はそんなホタテについて書いていきます。   【ホタテの目の数】 ホタテの目の数って知ってい …
no image

“ほうれん草”茹でないと危険?シュウ酸が尿路結石を作り出す

はじめに最近また安くなってきたほうれん草。バターで炒めたり、おひたしにしたりと色々使い方があって美味しいです(*´ω`*)私もついつい買ってしまいます。  しかし、そんなほうれん草 …
no image

橋には入口と出口があるって知ってた?

橋の入口と出口・・・あなたは意識したことがありますか?  「どっちからでも渡れるんだし入口も出口もないじゃん」って思う人もいると思いますが、実は明確に決められた入口側と出口側がある …