ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

国内水族館の『ラッコ』・・・減少し続ける原因は一体何?

投稿日:

愛らしく手を繋いだり、貝を石で叩き割る姿がキュートな水族館のアイドル・・・

それは、『ラッコ』ちゃん!

 

ラッコ

 

実は、このラッコちゃん。

昔は日本国内でも色んな施設にいたんですが、今となっては数えるほどしかいません(´・ω・`)

 

今回はなんでそんな風になってしまったのかというお話。

 

 

 

そもそも日本のラッコはどこからきてるの?

世界のラッコのほとんどはアラスカの『アリューシャン列島』生まれです。

 

アリューシャン列島

 

ここで野生のラッコが生まれ、アメリカ合衆国から他の国に向けて輸出されます。

 

 

ラッコと日本の歴史

日本にラッコが初めて来たのは1982年。

伊豆三津シーパラダイスで初公開され、絶大な人気を誇りました。

 

それから十年ほどの間に日本国内のラッコの数は増え続け、ピーク時の1994年には全国の施設で合計122頭ものラッコが存在していました。

しかし、今となっては日本国内のラッコの数は全国で、わずか15頭という非常に少ない数字。なぜこのような事態になってしまったのでしょうか・・・

 

 

日本国内、ラッコ減少の原因

一番の問題は野生ラッコの数が激減していること。

上でも述べた通り、ラッコはアメリカから輸入しなければいけないのですが、生息地であるアリューシャン列島のラッコの数がどんどん減ってきているのだそうです・・・

 

もちろん野生のラッコが減ってもなお輸出を続けると絶滅の恐れがあるので、今ではアメリカからのラッコの輸入は不可能です。

※正確には、ワシントン条約で国際商取引が規制され、ラッコの輸入にはアメリカの許可が必要であったのですが、90年代後半から保護のため米政府から許可がおりなくなりました。

 

これにより、ラッコの供給源が断たれた日本。

でも、国内にいた122匹を増やせばいいじゃない?って思いますよね。

 

しかし、現実はそう甘くないみたい・・・

 

 

ラッコ飼育の難しさ

なんとかラッコの数を増やさないとマズイと、日本国内でもラッコの繁殖に力を注いだのですが、中々うまくいかずラッコの数は減少をたどる一方です。なぜでしょうか?

 

それは、ラッコの飼育の難しさにあります。

 

頑張ってラッコを交配させて子供を産ませるとします。

しかし、ラッコの父親は自分の子供を敵とみなし攻撃してしまう習性があるのです・・・

また、母親も途中で育児放棄してしまうパターンが多く、ラッコ達自身に育てさせると中々うまくいかないのです(´・ω・`)

 

そこで、子供が生まれたら人間が飼育するようにしてみたのですが、ラッコの人工飼育は難しくわずか数週間の命で終わってしまうことも・・・

ラッコはストレスにも非常に弱いため、繁殖は困難を極めました。

※輸入の際のストレスでも死んでしまうこともあります。

 

そして、その結果どんどん数は減っていき、今となってはわずか15頭という数字になってしまったのです( ;∀;)

 

 

 

以上が、国内のラッコが少なくなってしまった原因です。

なんか人間だけの問題じゃなくて、ラッコ自身の子育ての問題も大きいですね・・・

 

パンダと似たようなものかな(;’∀’)

 

ちなみに、国内のラッコ15頭が見れるところは以下のようになります。

  • のとじま水族館
  • 海遊館
  • 須磨海浜水族園 ※2頭
  • アドベンチャーワールド ※2頭
  • マリンワールド海の中道 ※3頭
  • 八景島シーパラダイス
  • マリンピア日本海
  • サンシャイン水族館 ※2頭
  • アクアワールド大洗
  • 鳥羽水族館

 

 

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

“ヘンプミルク”麻の実からできた栄養満点の植物性ミルク

はじめに最近、ココナッツオイルが流行っていますよね。私もこの間、そのすごい効果についてまとめたんですが、もうココナッツオイルブームは過ぎつつあるらしいです・・・ 次々と来る食品ブーム。次は一 …
no image

“乳酸菌飲料(殺菌)”という表示について

みなさん乳酸菌飲料飲んでますか~?乳酸菌は体に良いので、色々な飲料の売り文句にされていますよね。 しかし、よくよくペットボトルの表示を見てみると・・・  “乳 …
no image

運動前の準備体操・ストレッチは逆効果って本当なの?

「運動の前には、よくストレッチや準備体操をして筋肉を伸ばしましょう。」小学校の頃にみんなこう言われましたよね。  しかし、最近になって運動前の準備体操・ストレッチは意味がないという …
no image

『ミモレット』ダニの力で作られるチーズ

はじめに先日、チーズの中の奇妙な一品として、蛆虫を利用して作られている『カース・マルツゥ』を紹介したのですが、今回もチーズの中から一品紹介したいと思います。 今回は、『ミモレット』というチー …
no image

意外!コアラの離乳食はお母さんの・・・

はじめにあなたはコアラ好きですか?大きな耳と子供と一緒に木にしがみついてる姿がとても可愛いですよね(*´ω`*)  そんなコアラですが、動物園にいる動物の中でも結構希少なようで、限 …