ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

運動前の準備体操・ストレッチは逆効果って本当なの?

投稿日:

「運動の前には、よくストレッチや準備体操をして筋肉を伸ばしましょう。」

小学校の頃にみんなこう言われましたよね。

 

ストレッチ

 

しかし、最近になって運動前の準備体操・ストレッチは意味がないという説が出てきました。むしろ逆効果だという話も・・・

 

ちょっと気になったので、調べたことを書いていきたいと思います。

 

 

 

なんで準備体操・ストレッチが否定されてるの?

なんで否定されるようになったのか?

最近、準備体操・ストレッチは入念にじっくりと筋肉を伸ばすことに重点を置くようになってきています。これを『静的ストレッチ』といいます。

 

【静的ストレッチ】

時間をかけて負荷を与えながらじっくりと筋肉を伸ばす運動。

 

しかし、実は入念な準備体操・ストレッチによって伸びた筋肉は伸びて弛緩したまま元に戻らないということが判明したのです。

 

筋肉が伸びたままだと、収縮が上手くいかず本来の力を発揮できません。特に力の最大値で競うような競技だと、成績に致命的な影響を与えかねません。

 

また、伸びきったゴムのようになってしまった筋肉では、いざという時に踏ん張りがきかず転倒・・・ということも。

 

 

じゃあ準備体操・ストレッチはしない方がいいの?

いいえ、そうではありません。

入念な準備体操・ストレッチによって伸びきったゴムのようになってしまった筋肉は本来の力を発揮できませんが、逆に全く準備体操・ストレッチをしないで縮み込みあがった筋肉もまた、本来の力を発揮できないのです。それに縮んで固まってしまった筋肉は怪我もしやすいです。

 

 

つまりは『適度な』準備体操・ストレッチが重要

以上の点を踏まえると重要なのは、『適度な』準備体操・ストレッチになります。

 

あまり入念に伸ばし過ぎず、適度に筋肉をほぐす感覚です。

それも、伸ばして気持ちいいところだけでいいみたい。

 

可動域をあまり無理して広げることはしないで、あくまで気持ちいいレベルで止めておきましょう。

 

最適なのは、最近有名になってきている『動的ストレッチ』です。

 

【動的ストレッチ】

可動域の8割程度で関節を繰り返し動かす運動。

 

別名『ダイナミックストレッチ』ともいうのですが、広島カープのマエケンこと『前田健太』選手のマエケン体操もこの動的ストレッチにあたります。

 

他にも世界の有名な選手が行っているので、あなたも実践してみてはどうでしょう?(*´ω`*)

 

 

 

以上が、準備体操・ストレッチの効果についての真相になります。

決して準備体操・ストレッチが悪いのではないのです。『静的ストレッチ』と『動的ストレッチ』を、これからする運動によって上手く使い分けることが重要なんですね。

これからは運動をする前によく考えて、どっちのストレッチが適しているか選んでみるといいかもしれません(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

色々な味がある”かき氷シロップ”実は全部同じ味だった

はじめにお祭りのときに屋台で買う定番”かき氷“!あなたは何味が好きですか? 昔はイチゴ、メロン、ハワイアンブルーしかなかったりして種類が少なかったですが、今となっては …
no image

食品偽装?脂を注入する”インジェクションビーフ”とは

はじめにお肉・・・好きですよね?(*´ω`*)私も大好きです。よくスーパーとかで安くなった肉を求めてさまよい歩いています。 しかし、店で売っている食品といえば中国のダンボール肉まん然り食品偽 …
no image

雷のような勢いと痛さが襲ってくる”雷鳴頭痛”とは?

はじめにあなたは頭痛持ちではないですか?日本人には頭痛持ちの人がかなり多く、3人に1人は慢性的な頭痛持ちらしいです。 しかし、普通の慢性的な頭痛(片頭痛、緊張性頭痛)とは違い、比べ物にならな …
no image

水鳥とアリゲーターの残酷な共生関係

はじめにこの世界には様々な動物が生活しています。基本的には敵同士ですが、利害関係が一致すれば共生する場合も多々あります。 そんな共生している動物の組み合わせに”水鳥&アリゲーター …
no image

『ベニクラゲ』不老不死のクラゲ

人間が誰しも夢見る『不老不死』・・・それを叶えている生物がなんと地球上に存在するのです。 その生物とは・・・『ベニクラゲ』!  なんか体内の赤い部分がハート(心臓)みたい …