ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

考察

『動物の自殺』について考察してみよう

投稿日:

世界の中でも自殺率が高い日本人。そんな私達、日本人にとって馴染み深い?自殺・・・

自殺は人間だけがするものと思っている人がいますが、実は動物が自殺をしたという例もたくさんあるのです。

 

動物 自殺

 

今回はそんな『動物の自殺』について書いていきたいと思います。

 

 

 

世界の『動物の自殺』例

【イルカ、クジラの集団自殺】

ある日突然、イルカショーのイルカがストレスを苦に自殺を図ったことがあります。イルカは肺呼吸なので、背中の噴気孔を使って呼吸をしないといけないですが、自らお腹を上にして呼吸できないようにして『死』を選んだといいます。

 

また、イルカやクジラはよく集団で海岸に打ち上げられていることがあります。これは、寄生虫のせいや磁場が狂うことが原因と言われていますが『自殺』であるという説もあります。

 

【ネズミ(レミング)の集団自殺】

ネズミの一種レミングは時折、集団で死んでいるのが見つかります。これを自殺だという人もいます。数が増えすぎたので、新天地を求めての大移動を決行した結果、泳ぎは得意であるが渡り切れずにみんな溺れてしまったのではないか?などという説もあります。

 

【家畜(牛や羊)の集団自殺】

放牧している牛や羊が、ある日突然高い崖から飛び降りて集団自殺を図るのです。家畜としてのストレスからでしょうか?原因は不明ですが、過去の事件例が多くまぐれとはいえないレベルです。

 

【白鳥の自殺】

中国で白鳥が自殺をする瞬間を見たというニュースがありました。

 

白鳥 自殺

 

この白鳥は、自殺を図るちょっと前に母鳥が凍死してしまっていて、「悲しみを苦に自殺を図ったのではないか?」と言われています。

 

このように、たくさんの動物が自殺を図っています。

他にも犬や猿など、探したらもっともっと多くの動物が自ら『死』を選んでいるのです。

 

 

そもそも動物には『死』という概念が理解できない?

人間は誰かが『死ぬ』と悲しみ、泣き、葬儀を行ったりします。これは、私たちが『死』という概念があることを認識している証拠です。

 

これに対して動物は、自分の子が死んだりしてもいつまでも死骸となってしまった子の世話をしたり、探し回ったりします。また、何もなかったのように平然としています。これはつまり、動物は『死』という概念を理解できていないのです。

 

ただし、象やゴリラなどの脳が発達した知的な動物は『死』という概念を理解できているという報告もあります。

象は死んだ仲間のために墓を作ったり、人間と手話で意思疎通ができるようになったゴリラは死について質問したところしっかりと自分の考えを答えたそうです。

 

 

『死』は理解できないが感情はある

そもそも、『死』という概念が理解できないのであれば自殺という行為はできないのでは?と私は思うんですよね。

しかし、動物には『死』という概念はわからなくても少なからず感情はあると思うんです。

 

どんな動物だって、攻撃を受ければ怒りますし怖い時は怯えます。

ということは『悲しみ』だって感じることができると思うんです。

 

上でも紹介した象やゴリラは仲間が死んだときに『悲しむ』こともできるそうです。

 

『悲しむ』ことさえできれば、そこから『死』という概念が理解できると思うんですよ。

仲間が死んでいなくなれば寂しいし、悲しいですもん。

 

しかし、普通の動物は死を悲しむことができません。なぜでしょう・・・

 

ここは散々悩んだのですが、結局『脳の発達の差』という答えしか出てきませんでした(´・ω・`)

それとも、感情を表さないだけで心の中では悲しんでいるのか・・・?

 

 

結論:天才が故に・・・

同じ種類の動物の中でも、やはり脳の発達に個体差はあると思うんです。

人間にも凡才と天才がいるのと一緒です。

 

動物の中にも天才は存在し、ものごとや感情を理解する能力に長けているとします。

『悲しみ』という感情『死』を理解し、自分の現状に耐えようのない悲しみを覚えた時、そのとき動物は自殺する。

という結論に達しました。

 

つまり、あまりにも知能が発達しすぎて感情を知りすぎてしまったために起こったことですね。

 

人間だって生きるだけで精一杯だったころは自殺なんてしませんでした。未来を想定し、悲しみを考えることすらなかったのです。

しかし、現代になって人間は自分の悲観的な未来を想定してしまい『悲しみ』を覚えることによって『自殺』という選択が生まれてしまったのでしょう・・・

 

こう考えると『未来を想像できるだけの知能』、やはり『脳の発達』がカギになっているんだと思います。

 

 

 

以上が、私なりに考えた『動物が自殺する理由』です。

動物の感情や気持ちを知ることはできないので、あくまでも推測になりますがある程度は真実を突いている部分もあるんじゃないかな?と自分では思います。

 

あなたはどう考えますか?

 

-考察

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした