ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『ICL』レーシックよりも安全な目の手術

投稿日:

最近はコンタクトレンズやメガネだけにとどまらず、レーシックやオルソケラトロジーなど色々な視力矯正方法がありますよね。

 

そんな視力矯正の世界に新たな技術『ICL』が出てきました。

 

ICL

 

今回はこの『ICL』について書いていきます。

 

 

 

『ICL』って?

ICLとは、手術によって目にレンズを入れ込み視力(近視・遠視・乱視も)を矯正する方法です。

 

簡単に説明すると、目に切り込みを入れてコンタクトレンズを直接入れ込むようなもんですね。

 

ちょっと恐ろしい・・・

けど、レーシックのレーザーで削るのよりは安心かも(;’∀’)

 

 

『ICL』挿入レンズの素材

ICLで挿入するレンズは『コラマー』という水酸化エチルメタクリレートとコラーゲンを含んだ親水性の非常に柔らかい素材でできています。

 

コラマーは生態適合性が高く、目の中で異物と認識されにくいです。それに、特別なメンテナンスも必要なく長期間に渡って使用可能なので大変優れています。

 

 

レンズの移植(インプラント)

レンズの移植にはインジェクターと呼ばれる挿入器を使用します。

インジェクターがレンズを小さく折りたたんだ状態で眼内へ向けて発射するので移植のための切開は非常に小さく済みます。そのため、日帰り手術も可能なのだとか。

※切開はおよそ3mm程度

 

 

ICLの費用

両目合わせて平均で20~40万くらいと言われています。

レーシックよりちょっと高めに設定してあるところが多いみたい。

 

安いところもあるけど、自分の大切な目に万が一があったらを考えると・・・(´・ω・`)

 

 

ICLのメリットとデメリット

【メリット】

  • コンタクトと違い、レンズ挿入後はメンテナンスが不要。
  • コンタクトと違い、目の異物感がない。
  • レーシックのように大きく目を削ったりしないので安全。
  • レーシックと違い、後々の視力の変更にもレンズを変えることによって対応可能。
  • レーシックよりもハローグレアの症状が軽い。

 

【デメリット】

  • 費用が高い。
  • 結局は手術で目を傷つけてしまう。
  • 症状は軽いとはいえ、ハローグレアの心配。
  • レンズの経年劣化や度数変更での再手術。

 

結構、メリットだけではなくてデメリットもたくさんありますね。

ただ、レーシックよりかは確実に安全なので、レーシック手術をするくらいならば、こちらの方がいいと思います。

 

コンタクトやメガネと比べるとお互いの長所があって、ちょっと比べるべきものではない感じがしますね。

 

 

 

 

以上のように、ICLとは新時代のレーシックの代わりのポジションに立ちそうな視力矯正法ですね。

 

もし、目の手術をしたいな~と思っている方がいたらご一考下さい(*´ω`*)

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

スーパーで売っている”サンマ”お腹の穴は寄生虫がいた証拠

はじめに日本の食卓では昔から魚がよく出てきます。そんな中で一番食べられている魚といえば”サンマ“ですよね。シャケも捨てがたいですが・・・ スーパーでは秋になると、1匹 …
no image

“豚と猪”家畜と野生の違いとは?

はじめに普段は豚肉を食べている私達ですが、旅行などで田舎に訪れると猪肉を食べることもあると思います。 はじめて食べた時の感想は、『硬くて赤身が多い豚肉・・・』という感じでした。これはこれでア …
no image

骨を貪り食う者”ゾンビワーム”とは?

はじめに海底に沈んだ生物の死骸は、他の色々な生物に食べられて自然に還っていきます。 肉は貝やカニに食べられてすぐなくなってしまうのですが、それだけでは骨が残ってしまいます。しかし、海の底に潜 …
no image

『亜鉛』の摂取で怪我と病気に強くなろう

最近の研究では、私達人間の体にはビタミンやアミノ酸など、色々な栄養が必要なことが判明しています。 しかし、必要な分の栄養を摂取しようとすると想像以上に大変です。そこで、簡単に摂取目標に届くよ …
no image

『ベニクラゲ』不老不死のクラゲ

人間が誰しも夢見る『不老不死』・・・それを叶えている生物がなんと地球上に存在するのです。 その生物とは・・・『ベニクラゲ』!  なんか体内の赤い部分がハート(心臓)みたい …