ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

ペットボトルキャップには小さな切れ込みがあるって知ってた?

投稿日:2016年1月16日 更新日:

「のどが渇いたなぁ~」

そんなとき、道端にある自動販売機は非常に便利ですよね。

 

特に、自動販売機の中でもペットボトルは携帯性に優れていて、缶の飲み物よりペットボトルを選ぶ人も多いと思います。

今回はそんなペットボトルのキャップについてのお話。

 

 

意外なところにある穴について

実はペットボトルにはあるところに穴が開いているんです。

どこだと思いますか?

 

↓正解はココ

ペットキャップ

 

この切れ込みの名前は『ベントホール』といいます。

よ~く見ないと気付かないですが、すべてのペットボトルのキャップにこの穴(切り込み)が入っています。

 

 

ベントホールの役割とは?

では、なぜこんな切り込みが入っているのか?ベントホールの役割とは?

 

それは、内容物をボトルに詰めた後に飲み口のネジ部分を洗い流すためらしいです。

 

けど、「こんなほっそ~い切り込みでどうやってネジ部分を洗うの?」って思いますよね?

 

内容物を中に詰める際に、内部は80℃高温になります。

その高温によってキャップの温度も上がり自然とベントホールの口が開きます。こうすることによって水をかけるだけでネジの部分を洗い流せるらしいです。

 

おお・・・ということは冷めるとまた自然に閉じるんですね。

というかネジの部分って中身入れたときに洗ってたんだ(*´ω`*)

 

ちなみに、昔のペットボトル飲料は洗っていなかったらしいです。

お茶のペットボトルが流行り始めたときに、ネジ部分に茶渋が着いてしまい茶色くなるのをどうにかできないか?という思いから開発されたみたい!

 

 

ペットボトルキャップの違いについて

ちなみに、ペットボトルキャップって色々とデザインが違ったり起伏があったりなかったりしますよね?

 

あれも長年謎だったんですが、ある人がメーカーに尋ねてみたところ回答が貰えたようです。

 

ペットボトルキャップは下のリング部分と合わせて密閉状態を保つためについています。

ところが、この密閉技術。メーカーごとに異なっているようで、それぞれで密閉技術のノウハウが違うんだとか。

それによって、各メーカーでキャップが少しずつ違っているんですね(*´ω`*)

 

 

 

以上のように、私たちが普段何気なく使っているペットボトルにも、よく見ないと気付かないような秘密が隠されているんですね。

 

ちなみに、ベントホールによって気密性が失われたりとかはないので安心して下さい。

ただ、ペットボトルの再利用で熱々のお茶とかを入れるときには、再びベントホールが開いてしまう危険性もあるかもしれないので気を付けた方がいいかも・・・?

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

馬の好物といえば?

【問題】馬の好物といえば何でしょう   あなたは何を思い浮かべましたか?? おそらくほとんどの日本人がこれを思い浮かべたと思います。     そう、『ニンジン』です。 & …
no image

日本国歌である『君が代』の別の姿

はじめに私達の国、日本の国家である『君が代』。学校での行事では校歌とともに絶対歌われますし、プロスポーツの試合でも歌われています。  そんな『君が代』ですが、私達がいつも聞いている …
no image

『グレープフルーツジュース』温めて飲むと脳が活性化!

ちょっと酸っぱいけど癖になる美味しさ『グレープフルーツジュース』  最近、このグレープフルーツジュースが温めて飲むことによってすごい効果を発揮することが判明しました(*´ω`*)& …
no image

『カニビル』カニの甲羅についてる黒いツブツブ

はじめに日本人ならみんな大好きな”カニ”。昔から高級品として食べられてきたお金持ちしか食べられない一品。 庶民の家庭で一杯丸々入手できようものなら、血を分けた家族同士 …
no image

“豚と猪”家畜と野生の違いとは?

はじめに普段は豚肉を食べている私達ですが、旅行などで田舎に訪れると猪肉を食べることもあると思います。 はじめて食べた時の感想は、『硬くて赤身が多い豚肉・・・』という感じでした。これはこれでア …