ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

ペットボトルキャップには小さな切れ込みがあるって知ってた?

投稿日:2016年1月16日 更新日:

「のどが渇いたなぁ~」

そんなとき、道端にある自動販売機は非常に便利ですよね。

 

特に、自動販売機の中でもペットボトルは携帯性に優れていて、缶の飲み物よりペットボトルを選ぶ人も多いと思います。

今回はそんなペットボトルのキャップについてのお話。

 

 

意外なところにある穴について

実はペットボトルにはあるところに穴が開いているんです。

どこだと思いますか?

 

↓正解はココ

ペットキャップ

 

この切れ込みの名前は『ベントホール』といいます。

よ~く見ないと気付かないですが、すべてのペットボトルのキャップにこの穴(切り込み)が入っています。

 

 

ベントホールの役割とは?

では、なぜこんな切り込みが入っているのか?ベントホールの役割とは?

 

それは、内容物をボトルに詰めた後に飲み口のネジ部分を洗い流すためらしいです。

 

けど、「こんなほっそ~い切り込みでどうやってネジ部分を洗うの?」って思いますよね?

 

内容物を中に詰める際に、内部は80℃高温になります。

その高温によってキャップの温度も上がり自然とベントホールの口が開きます。こうすることによって水をかけるだけでネジの部分を洗い流せるらしいです。

 

おお・・・ということは冷めるとまた自然に閉じるんですね。

というかネジの部分って中身入れたときに洗ってたんだ(*´ω`*)

 

ちなみに、昔のペットボトル飲料は洗っていなかったらしいです。

お茶のペットボトルが流行り始めたときに、ネジ部分に茶渋が着いてしまい茶色くなるのをどうにかできないか?という思いから開発されたみたい!

 

 

ペットボトルキャップの違いについて

ちなみに、ペットボトルキャップって色々とデザインが違ったり起伏があったりなかったりしますよね?

 

あれも長年謎だったんですが、ある人がメーカーに尋ねてみたところ回答が貰えたようです。

 

ペットボトルキャップは下のリング部分と合わせて密閉状態を保つためについています。

ところが、この密閉技術。メーカーごとに異なっているようで、それぞれで密閉技術のノウハウが違うんだとか。

それによって、各メーカーでキャップが少しずつ違っているんですね(*´ω`*)

 

 

 

以上のように、私たちが普段何気なく使っているペットボトルにも、よく見ないと気付かないような秘密が隠されているんですね。

 

ちなみに、ベントホールによって気密性が失われたりとかはないので安心して下さい。

ただ、ペットボトルの再利用で熱々のお茶とかを入れるときには、再びベントホールが開いてしまう危険性もあるかもしれないので気を付けた方がいいかも・・・?

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

コンビニのご飯には大量の油が?

私たちが普段利用しているコンビニ。昼食などに、おにぎりやお弁当を買って食べている方も多いと思います。   しかし、コンビニのお弁当は健康に悪いとよく言いますよね?添加物や …
no image

不吉なイメージを持たれる”彼岸花”その意外な秘密とは?

はじめにすごい特殊で儚げなビジュアルをしている”彼岸花“。その見た目やお彼岸のイメージから、ちょっと怖くて不吉な花と感じている人も多いかもしれません。  そ …
no image

アルビノの反対『メラニズム』

あなたは『アルビノ』を知っていますか?結構有名かもしれませんね。今回はそんなアルビノ関連のお話。   アルビノ ↑の画像のように、遺伝子情報の欠陥によりメラニン …
no image

リチウム電池の3倍の性能を持つ”陶器電池”がすごい!

はじめに私たちの身の回りには、時計やリモコン、ゲーム機などの電池を使わないと動かないものがたくさんあります。  そんな電池ですが、以前から高温になりすぎると爆発したり、液漏れをして …
no image

弁当のおかずの下に”パスタ”が敷かれている理由とは?

はじめにスーパーやコンビニ、ほっともっとなどで売っている”お弁当”。 から揚げやハンバーグ、チキン南蛮など様々なおかずがありますよね。そこにポテトサラダや漬物などのち …