ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

マーガリンはプラスチックと同じって本当なの?

投稿日:

一昔前からよく言われている「マーガリンは食べるプラスチック」という言葉。

 

私はこの言葉だけを聞いて、マーガリンは体に良くないものなんだと勝手に思い込んでいました。

しかし、最近朝食にパンを食べたり、バターが値上がりしたこともあって「本当なのかな・・・」と気になったので調べてみました。

 

マーガリン

 

私と同じように言葉を聞いただけで、マーガリンに悪印象を持っている人は結構いるんじゃないでしょうか?

 

 

 

なんでマーガリンとプラスチックは一緒と言われているの?

昔、北カルフォルニアで行われた実験で、マーガリンは2年間放置したにも関わらず腐らずにカビも生えていませんでした。アリなどの虫もたかっていなかったそうです・・・

 

これに疑問を持ち、成分を分析したところプラスチックとよく似た成分をしていることが判明

 

この実験が「マーガリンはプラスチックと同じ」という風潮を広めてしまったのです。

 

 

マーガリンの原料から考えてみよう

そもそも成分がプラスチックと一緒って本当なのか?

マーガリンの作り方を知れば分かると思ったので書いておきます。

 

マーガリンの原料は、動物性もしくは植物性の油脂です。

これに水、食塩、粉乳などを加えて出来たものがマーガリン。

 

どこもプラスチックと似ているところはないと思うのですが・・・(´・ω・`)

やはり、マーガリンを貶めるために広まったデマだったみたいです。

 

ただ、成分に問題があります。

マーガリンには『トランス脂肪酸』というのが含まれていて、これが厄介なのです。

 

 

トランス脂肪酸って?

【トランス脂肪酸】

血中の善玉コレステロールを減らし、逆に悪玉コレステロールを増やしてしまうという最悪の特性を持っています。

 

ただし、総エネルギー量の2%以上を摂取しない限りは健康に影響はないようで、朝ごはんのパンに塗って食べるくらいならなんてことはみたい。

 

おまけに、最近のマーガリンはどれもトランス脂肪酸を大幅カットすることに成功しているので、さらに安心です。

 

マーガリンとバターの違い

パッと見はそっくりなマーガリンとバター。

まぁバターを目指して作られたものがマーガリンなので当たり前なのですが、違いは一体何なのでしょうか?

 

それは原材料です。

マーガリンは先ほども書いた通り油脂を原料にして作られています。

それに対し、バターは牛乳を原材料に作られているのです。

 

この原材料の違いのおかげでバターにはトランス脂肪酸が含まれていません。これがバターの方が健康に良いと言われる由縁ですね。

 

 

 

以上がマーガリンの真相です。

マーガリンは決して悪い奴じゃないので、むやみに危険視しないで食べてみるといいですよ(*´ω`*)

 

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

アスパラを食べると尿の臭いが変わる?違いがわかる人とかわらない人との差とは

はじめに『アスパラガスを食べると尿の臭いが変わる』って話聞いたことありますか?これを聞くと、「あ~変わるよねぇ」という人と「・・・?(ナニ言ってんだこいつ)」という人にわかれます。 &nbs …
no image

南海トラフ地震に備えて”中央構造線”を知っておこう!

はじめになぜ熊本で地震が起きた今、南海トラフ地震に注意と言われているのか・・・疑問に思っている方はいませんか? 実は、こう言われる原因は”中央構造線“にあるのです!& …
no image

『キビヤック』アザラシを使った世にも奇妙な食べ物

あなたは『キビヤック』って聞いたことありますか?アラスカなどに住むイヌイットの方々の食べ物であり、非常に面白い作り方をすることで有名です。    驚き!キビヤッ …
no image

『カニビル』カニの甲羅についてる黒いツブツブ

はじめに日本人ならみんな大好きな”カニ”。昔から高級品として食べられてきたお金持ちしか食べられない一品。 庶民の家庭で一杯丸々入手できようものなら、血を分けた家族同士 …
no image

携帯電話の電波とペースメーカーについて

最近では、もう誰もが持っている携帯電話。   この携帯電話、今ではそんなに言われなくなったけど昔はよく、 『携帯電話の発する電波によってペースメーカーが誤作動を起こすから公共の乗り物や病院で …