ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

チェルノブイリ原発事故の象徴『象の足』

投稿日:

1986年にチャルノブイリで起きた原発事故。

福島第一原発事故と並んで、原子力発電所が起こした悲惨な事故として有名ですね。

 

そのチェルノブイリ原発事故現場跡にある『象の足』というものを知っていますか?

私は初めて名前を聞いた時、普通に象さんを思い浮かべてしまいました(*´ω`*)

 

象

 

しかし、本物はものすごい怖いものでビックリ・・・

 

 

 

『象の足』とは・・・

チャルノブイリ原発事故施設内にある、コンクリートと放射能が混ざり合った物質

 

象の足

 

禍々しすぎて泣いた( ;∀;)

 

なんと、2分間近くにいるだけで致死量の放射能を浴びることができる模様・・・

 

近づくと、即死するわけではないのですが、気分が悪くなります。ここで体の新陳代謝が0になってしまい、その後数か月にわたりジワジワと弱っていき死に至ります。

 

こわE・・・(´・ω・`)

 

 

写真を見ただけでも死に至る・・・

なんと、昔は「写真を見ただけでも死ぬ」という伝説があったらしいです。

 

『象の足』を撮った撮影者はもちろん死ぬのですが、撮られた写真を見ただけで死に至るとは一体・・・呪い?

 

【真相】

撮影したときにカメラやフィルムも被爆しているので、現像した写真も被爆してしまっているのだとか・・・

 

まぁ死に至るほどではないんでしょうが、なんか後遺症とか残っちゃいそうですよね( ;∀;)

 

というか、それくらい象の足が発する放射能はすごいってことですよね・・・

 

ちなみに、上で紹介してる画像に写っている稲妻みたいなものがありますよね?

これは『象の足』が発している強過ぎる放射線でカメラのフィルムが感光してしまったものです。

 

 

チェルノブイリの封印期限が迫ってきている事実

チャルノブイリ原発事故は最終的にコンクリートやホウ酸を流し込むことで事態を収束させたのですが、事件から長い年月が経つことによってコンクリートが劣化し、限界が近づいてきているみたいです。

 

一応、次はチェルノブイリ原発の建物自体をアーチ状の構造物で覆う作戦も考えているらしいですが、現状では何もできていない状況。

 

ちなみに、『放射性セシウム』は10万年経てば何度も半減期を繰り返すことによって人間に無害なものになります。

それに対して、『放射性ウラン』は放射能を無害化するのに92億年もかかるのです。つまり、『象の足』を無害化するのは人間が生きている内には無理でしょう・・・

 

本当に人類はすごいものを生み出してしまいました(´・ω・`)

 

ただ、宇宙に捨てれば何とかなるんじゃないかな・・・?

 

 

福島第一原発はどうなの・・・?

チェルノブイリにこの『象の足』のような恐ろしいものがあるなら、我が国の福島第一原発はどうなの・・・?

 

おそらく、福島第一原発も燃料棒が全部溶けてしまったので『象の足』のようなものが生まれている可能性があります

実際には、もう存在していて確認されているけど公になっていないだけかもしれませんね・・・

 

福島第一原発の悲惨な施設の様子が出回っていないのが、逆にちょっと怖いです( ;∀;)

 

 

 

以上のように、原発によって生み出された負の遺産が『象の足』です。

原発は私たちの生活には必要ですが、本当に恐ろしい可能性を秘めているんですね・・・

 

いつか『象の足』もどうにかできる日がくるのかな。

 

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

寝るときに真っ暗なのは体に良くないという事実

あなたは寝る時には常夜灯をつけて寝るタイプですか?それとも真っ暗にして寝るタイプ?  実は、最近の研究で真っ暗にして寝ることは睡眠の質を下げてしまう可能性があるという結果が出ている …
no image

『亜鉛』の摂取で怪我と病気に強くなろう

最近の研究では、私達人間の体にはビタミンやアミノ酸など、色々な栄養が必要なことが判明しています。 しかし、必要な分の栄養を摂取しようとすると想像以上に大変です。そこで、簡単に摂取目標に届くよ …
no image

『オクロの天然原子炉』自然界の恐怖

人間が生み出した原理でもあり、恐ろしくもある技術『原子力発電』。この原子力発電を行っている原子炉ですが、実は人間が生み出すはるか昔から自然界に存在していたんです!  今回はそんな自 …
no image

『処女懐胎(単為生殖)』1つの個体で増えていく生殖方法

普通、私達人間は男性と女性の異性同士がペアで存在しないと生殖することはできませんよね。しかし、動物の中には雄雌がペアにならずとも生殖できる動物が存在するのです。 代表的なものとしては、体細胞 …
no image

日本国歌である『君が代』の別の姿

はじめに私達の国、日本の国家である『君が代』。学校での行事では校歌とともに絶対歌われますし、プロスポーツの試合でも歌われています。  そんな『君が代』ですが、私達がいつも聞いている …