ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

『GABA』体外からの摂取は意味がない・・・?

投稿日:

一昔前にチョコなどで流行った『GABA

 

「ストレス社会で闘うあなたに。」

というキャッチコピーで印象に残りましたね(*´ω`*)

 

GABAチョコ

 

今回はそんなGABAについて書いていきます。

 

 

 

そもそもGABAって何のこと?

GABAとは『γ-アミノ酪酸』のこと。

英語名だとγ(gamma)-aminobutyric acidです。

太文字のところで略して『GABA』になります。

 

 

じゃあγ-アミノ酪酸は何?

γ-アミノ酪酸=GABAはアミノ酸の一種であり、主に抑制性の神経伝達物質として機能している物質です。

※興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸と対をなすような存在である。

 

主に海馬、小脳、脊髄などに存在しており、脊椎動物だけではなく節足類や甲殻類でも神経伝達物質として機能しています。

 

 

GABAの効果

上でも述べた通り、GABAは抑制性の働きを持つので気持ちを落ち着かせる『抗ストレス作用』があります。

それによって、主に以下のような効果がもたらされます。

 

  • 不眠解消
  • 血圧を下げる
  • コレステロールや中性脂肪を抑える
  • 脳細胞の活性化
  • アルコールの代謝を高める

 

興奮性物質の神経伝達物質であるドーパミンなどの過剰分泌を抑えることもでき、リラックス状態をもたらしてくれます。

 

なるほど、「ストレス社会で闘うあなたに。」のキャッチコピーも納得です。

 

しかし、GABAが強く働き過ぎるとマイナスな効果が出ることも・・・

動機や息切れ、吐き気、唇の痙攣などが起きる可能性があります。

 

抗鬱剤や血圧低下剤などと一緒に摂取すると、危険なこともあるので気を付けた方がいいですね。

 

一応、1日の必要摂取量は10~50mgです。

野菜や麹にも含まれているので、野菜をしっかりと食べていればGABAが不足することはないでしょう。

 

 

何よりも意外な真実・・・

なんとこのGABA、血液脳関門というところを通過できない物質なのです。

それ故に、体外からGABAを摂取しても、そのまま神経伝達物質として利用できないので意味がないのです・・・

 

衝撃の事実( ;∀;)

「グ○コさんヒドイ!私たちを騙していたのねっ!?」

 

 

 

以上のように、GABAはすごい効果を謳われてきましたが、実は効果がないそうです・・・

しかし、「GABAはストレスに効果があるんだ!」と思って食べることによって、実際には効果がなくてもプラシーボ効果でストレスに効くかもしれませんね(*´ω`*)

ストレスは気持ち的な部分が大きく関わっているのでなおさらですね。

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ニンニクに含まれる『アリシン』の強力な殺菌効果について

イタリアンから中華まで、美味しい料理にはかかせない魔法の食材。そう・・・それは『ニンニク』!  今回はそのニンニクの意外なパワーについて書いていきます。  &n …
no image

“イルカの肉”は水銀が含まれているから危険!?

はじめにあなたはイルカの肉って食べたことありますか?私自身、イルカは水族館でショーを見るためのかわいい生き物としか思っていなかったのですが、日本国内ではイルカを食用としている地域もあるみたいです。※静 …
no image

小便器にある飴ちゃんの正体

はじめに男性諸君・・・最近はめっきり見なくなってしまったらしいですが、小便器に置いてある飴ちゃんを覚えていますか?  そう、これです。女性は全く見る機会がなかったと思いますけどね( …
no image

アレルギーじゃなかった!メロンを食べると喉がイガイガする理由とは

はじめにフルーツ界の王様”メロン”。昔から高級フルーツとして日本人に親しまれています。  しかし、そんな美味しいメロンですが食べるとなんか喉がイガイガしませ …
no image

足の形は3種類

足の形 自分の足の形ってまじまじと見たことあるでしょうか?   実は、人間の足の形は大体3種類に分けられるそうです。     ・エジプト型 親指が一番長い 約25% ・ギ …