ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

牛乳瓶の形の秘密

投稿日:

給食などで馴染みのある『牛乳瓶』 この牛乳瓶の形って他にない形をしていますよね?

 

 

牛乳瓶

 

今回はそんな牛乳瓶のお話です。      

 

 

 

なんでこんな形なの?

機械で牛乳を流し込む際に、泡が立ってしまっては困りますよね。 それを避けるためになめらかな流線型をしているらしいです。

 

こうすることにより、壁面を伝うように牛乳が瓶に流れ込んでいくので泡の発生を最小限に抑えることができるのです。    

 

 

なんで口の方が細くなっているの?

口の方を細くすることによって、開口部が狭くなります。

こうすることによって、蓋をしていない場合でも空気に触れる面が小さくなるので内容物の劣化を防ぐことができるのです。

 

これはペットボトルや調味料の容器にも同じことが言えますね。    

 

 

ペットボトルじゃダメなの?

よく考えたらペットボトルの牛乳って見たことないですよね。

理由としては、元々は安全面を考慮してペットボトルでの販売は認められていなかったそうです。

 

1951年に『牛乳は瓶で販売しないとダメです』という省令が出されます。

 

ペットボトルは何度も開け閉めして、口をつけて飲みますよね?

ジュースの場合はこれをしてもいいのですが、牛乳は栄養価が高いためにこれをすると雑菌が繁殖してしまいます。

こうなることで早く傷んでしまい、ダメになってしまいます。

 

瓶にすることによって、一度開けてしまったら、また閉めることができないのでどうしても一気に飲んでしまいます。

そうすることにより、雑菌が増える前に飲み切らせてしまうおうという考えです。

 

それと紙パックの牛乳の場合ですが、紙パックに直接口をつけて飲みませんよね。

※する人もいるかもしれませんが、それはメーカー側が推奨していない飲みかたです(*´ω`*)

 

あと、ふと思ったのですが、ペットボトルで長時間持ち歩いてぬるくなった牛乳って絶対美味しくないです・・・

 

 

何よりのもうひとつの理由

そして、何よりのもうひとつの理由。

それは・・・『莫大なコストがかかる』からです。

 

そもそも牛乳産業の会社は、ペットボトルの製造ラインを持ち合わせていません。

 

ペットボトルの製造ラインを一から作るには約10億円ほどかかってしまうらしいです( ;∀;)

 

ペットボトル牛乳は客からの需要もあまりないので、これではせっかくペットボトルの設備を整えても赤字になってしまうのです。

 

今では、「あの瓶の形がレトロ感漂っていて素敵!」っていう人もいますしね。 私もそうです(*´ω`*)

 

 

 

以上のような理由で、ペットボトルの牛乳を見かけることはないのです。 給食の通り、牛乳は瓶か紙パックが正義!(`・ω・´)

 

あと、上にも書いてある通りなのですが、紙パック牛乳に口をつけて飲んでいる人は牛乳が早く傷んでしまうのでやめましょうね・・・

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

イスで寝る方は注意!ヘルニアになりやすい寝方

残業で疲れてちょっと一休み昼休みの休憩中にちょっと仮眠を そんなときにこのような姿勢で寝ていませんか?  この寝方をしているアナタ要注意です! この寝方は腰椎に …
no image

『ICL』レーシックよりも安全な目の手術

最近はコンタクトレンズやメガネだけにとどまらず、レーシックやオルソケラトロジーなど色々な視力矯正方法がありますよね。 そんな視力矯正の世界に新たな技術『ICL』が出てきました。 & …
no image

“ガン”と”花粉症”の意外な関係

はじめにだんだんと花粉が舞ってきて、花粉症が苦しい季節になってきましたね。 私も最近、朝起きると必ず鼻が詰まっていて、苦しい思いをしております・・・(´・ω・`)  そん …
no image

カフェやスタバでの使い慣れていない用語まとめ

はじめに今の世の中、個人経営のカフェに加えてスタバやコメダ、サンマルクなどのチェーン系のカフェがたくさんあります。街を見渡せば、どこもかしこもカフェカフェカフェです。  そんなカフ …
no image

“ヤシの木”や”ガジュマルの木”は自分の力で歩いて移動する!?

はじめに私達、人間や動物は自由に歩いて移動することができます。ところが、植物はどうでしょう?植物には足がないので種子を飛ばしたり、ほかの動物に運んでもらうことでしか移動することができません。&nbsp …