ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

豆知識

牛乳瓶の形の秘密

投稿日:

給食などで馴染みのある『牛乳瓶』 この牛乳瓶の形って他にない形をしていますよね?

 

 

牛乳瓶

 

今回はそんな牛乳瓶のお話です。      

 

 

 

なんでこんな形なの?

機械で牛乳を流し込む際に、泡が立ってしまっては困りますよね。 それを避けるためになめらかな流線型をしているらしいです。

 

こうすることにより、壁面を伝うように牛乳が瓶に流れ込んでいくので泡の発生を最小限に抑えることができるのです。    

 

 

なんで口の方が細くなっているの?

口の方を細くすることによって、開口部が狭くなります。

こうすることによって、蓋をしていない場合でも空気に触れる面が小さくなるので内容物の劣化を防ぐことができるのです。

 

これはペットボトルや調味料の容器にも同じことが言えますね。    

 

 

ペットボトルじゃダメなの?

よく考えたらペットボトルの牛乳って見たことないですよね。

理由としては、元々は安全面を考慮してペットボトルでの販売は認められていなかったそうです。

 

1951年に『牛乳は瓶で販売しないとダメです』という省令が出されます。

 

ペットボトルは何度も開け閉めして、口をつけて飲みますよね?

ジュースの場合はこれをしてもいいのですが、牛乳は栄養価が高いためにこれをすると雑菌が繁殖してしまいます。

こうなることで早く傷んでしまい、ダメになってしまいます。

 

瓶にすることによって、一度開けてしまったら、また閉めることができないのでどうしても一気に飲んでしまいます。

そうすることにより、雑菌が増える前に飲み切らせてしまうおうという考えです。

 

それと紙パックの牛乳の場合ですが、紙パックに直接口をつけて飲みませんよね。

※する人もいるかもしれませんが、それはメーカー側が推奨していない飲みかたです(*´ω`*)

 

あと、ふと思ったのですが、ペットボトルで長時間持ち歩いてぬるくなった牛乳って絶対美味しくないです・・・

 

 

何よりのもうひとつの理由

そして、何よりのもうひとつの理由。

それは・・・『莫大なコストがかかる』からです。

 

そもそも牛乳産業の会社は、ペットボトルの製造ラインを持ち合わせていません。

 

ペットボトルの製造ラインを一から作るには約10億円ほどかかってしまうらしいです( ;∀;)

 

ペットボトル牛乳は客からの需要もあまりないので、これではせっかくペットボトルの設備を整えても赤字になってしまうのです。

 

今では、「あの瓶の形がレトロ感漂っていて素敵!」っていう人もいますしね。 私もそうです(*´ω`*)

 

 

 

以上のような理由で、ペットボトルの牛乳を見かけることはないのです。 給食の通り、牛乳は瓶か紙パックが正義!(`・ω・´)

 

あと、上にも書いてある通りなのですが、紙パック牛乳に口をつけて飲んでいる人は牛乳が早く傷んでしまうのでやめましょうね・・・

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

足の形は3種類

足の形 自分の足の形ってまじまじと見たことあるでしょうか?   実は、人間の足の形は大体3種類に分けられるそうです。     ・エジプト型 親指が一番長い 約25% ・ギ …
no image

“イルカの肉”は水銀が含まれているから危険!?

はじめにあなたはイルカの肉って食べたことありますか?私自身、イルカは水族館でショーを見るためのかわいい生き物としか思っていなかったのですが、日本国内ではイルカを食用としている地域もあるみたいです。※静 …
no image

『シロアリ』はゴキブリの仲間という事実

家を徐々に蝕んでいく私たちの大敵『シロアリ』。今回はそんなシロアリについてです。    意外なシロアリの分類『シロアリ』はアリの仲間だと思っている人はいませんか …
no image

『珍渦虫』ほとんどの体の器官を持たない謎だらけの生物

この世界には珍しい生物、まだ見つかっていないであろう生物がたくさん存在します・・・中でも海は地球の7割を覆っていて、底の底である深海には人間の調査の手が届いておらず、未だに謎の生物で満たされています。 …
no image

足が痛痒い・・・それは『しもやけ』かも

1月になって寒さが増してきましたね~最近ちょっと足が痛痒くて「も、もしや水虫か・・・?嫌だぁぁぁ」と思って色々と調べてみたんです。そしたら、なんと『しもやけ』だったことが判明しました! 今回 …