ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

地球から14光年 スーパーアース発見!

投稿日:

スーパーアース

 

(CNN) 地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。

この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。

研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説。メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。

ただしウルフ1061cの重力は地球の約1.8倍。一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる。それでも部分的に日が当たる地域に生命が存在できる可能性はあるとライト氏は期待する。

同惑星は、質量が地球の4倍を超え、固い岩盤をもつ可能性があることから「スーパーアース」と呼ばれている。

宇宙にはまだ、人類が発見していないハビタブル惑星が無数にある。「あと20年もすれば、私たちの銀河系に他の知的生命体が存在するかどうかについて、もっと詳しいことが分かるだろう」とライト氏は話している。

 

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-35075186-cnn-int

 

 

生命体がいる可能性があるんですね~

宇宙人・・・いるのかなぁ

 

遠い未来にはもっと色々なことがわかって、宇宙にいくことも普通みたいになってるんだろうなぁ

そう考えると、もっと遅く生まれてきたかったって思ってしまう自分・・・

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ハロウィン仕様のgoogle 魔法使いの猫ちゃんゲームが面白可愛い!

はじめに本日、10/31はハロウィンらしいですね。  そんなハロウィンにgoogleからのプレゼントがあります。そう、毎度お馴染みのゲームです!  ハロウィン! …
no image

『テラスハウス』に出演していた今井洋介さん(31)死去 原因はダイエット?

テレビ番組『テラスハウス』に、2014年3月まで1年近く出演していた今井洋介さん(31)が心筋梗塞により亡くなってしまいました。     今井さんは昔、ラーメンが大好きで体重が10 …
no image

重さ120kg巨大ナマズが釣りあげられる

イタリアの川で重さ120kgを超える超巨大ナマズが釣り上げられた。   この巨大ナマズを釣り上げる格闘は1時間にも及んだ模様。釣り上げたユーリさんは、「20年の釣り人生の …
no image

最強の止血器具『XSTAT 30』一般販売へ

アメリカ食品医薬品局が”XSTAT 30”という医療用器具の一般への市販許可を出した。 これは銃に撃たれた怪我人がきちんと治療を受けるまでの間、応急処置的に使用するものだ。 これまでXSTAT 30は …
no image

三重県で黄金色に輝くヒラメが捕獲される!

三重県鳥羽市の答志島沖で14日、黄金色をしたヒラメが小型底引き網にかかった。 「とても珍しい」と15日に鳥羽水族館に引き渡され、展示水槽に入れられた。 答志漁港の北約3キロの漁場で操業していた漁師の山 …