ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

地球から14光年 スーパーアース発見!

投稿日:

スーパーアース

 

(CNN) 地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。

この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。

研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説。メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。

ただしウルフ1061cの重力は地球の約1.8倍。一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる。それでも部分的に日が当たる地域に生命が存在できる可能性はあるとライト氏は期待する。

同惑星は、質量が地球の4倍を超え、固い岩盤をもつ可能性があることから「スーパーアース」と呼ばれている。

宇宙にはまだ、人類が発見していないハビタブル惑星が無数にある。「あと20年もすれば、私たちの銀河系に他の知的生命体が存在するかどうかについて、もっと詳しいことが分かるだろう」とライト氏は話している。

 

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-35075186-cnn-int

 

 

生命体がいる可能性があるんですね~

宇宙人・・・いるのかなぁ

 

遠い未来にはもっと色々なことがわかって、宇宙にいくことも普通みたいになってるんだろうなぁ

そう考えると、もっと遅く生まれてきたかったって思ってしまう自分・・・

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

フルハウスの続編!『フラー・ハウス』制作決定

昔懐かしの『フルハウス』なんと20年ぶりに帰ってきました! ↓題名は『フラーハウス』  フルハウスから20年後のストーリーを描く。Netflixの公式ディスクリプションに …
no image

新種のカニ『テントクジヒキガニ』 大仙市で発掘された化石

秋田県大仙市大沢郷で1992年に見つかったカニの化石はヒキガニの新種だったことが、千葉県中央博物館の鑑定によって判明した。  化石は2つあり、見つかった場所の地層(天徳寺層)にちな …
no image

添い寝士が凄い!

最近夜がすごく冷え込んできましたね~ そんなときに恋人と一緒にお布団で寝るのはとても気持ちいいです。     しかし、恋人がいないそこのアナタ 朗報です!※女性限定   …
no image

火炎放射器?ライトセーバー型ライター

『スターウォーズ』に登場するライトセーバーのようなライターが作成されたと話題になっている。というか火炎放射器・・・? ↓動画  作成者はSufficiently Adva …
no image

12/8から1週間 Amazon『サイバーマンデーセール』開催

12/8から1週間、Amanzonの『サイバーマンデーセール』が開催されます。   サイバーマンデーセールは、さまざまなカテゴリーの人気商品が特別価格で3時間ごとに特別価 …