ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

ホッケの水揚げ量8割減・・・

投稿日:

バターや野菜の値段が上がったり、原油価格が下がったり。モノの値段は日々変動する。 だが、安倍政権はインフレターゲット2%を目指していたはずなのに、デフレに戻るという予測も出ている。そんなご時世にニッチな需要から高騰しているものとは!? 直近5年のデータをもとに検証する。

「ホッケ」かつての大衆魚は激減によって高級魚に変貌

 ニッチな高騰の中にも我々の生活を直撃するものもある。それがホッケだ。国内における水揚げ量は’15年で約80%(※’10年が約8.4万t→’13年が約2.8万t/農林水産省『漁業・養殖業生産統計』より)と大幅減。

 知床のホッケ漁師は「以前は市場で1尾400円程度だったのが今や650円。しかもかつては魚用の長皿からはみ出るほどのサイズだったのが、今や長皿に収まっており、小型化してしまった」と嘆く。水揚げ量が少なく身も小ぶりでは高騰も避けられない。チェーン居酒屋の仕入れ担当が続ける。

「以前はホッケを500円以下で提供していたが、今は900円台。お客さまも高騰していることは知っているので 、クレームはないですが、『もう少し手が届く価格にしてほしい』という声も寄せられており、心苦しいです」


【ホッケ1尾 約400円⇒約650円】水揚げ量の9割を占める北海道内の市場での平均的販売額。乱獲や温暖化による水温の上昇なども理由に挙げられているが、直接の因果関係は完全には解明されていない

 

ホッケ

 

引用:日刊SPA!

 

 

お酒のつまみに最適なホッケがこのままではなくなってしまうかも・・・

 

サンマなどもそうですが、日本がガンガン獲りすぎたのがいけなかったのかな?

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

新しい学校の形”N高等学校”家に居ながら通学できる!?

はじめに学校・・・それは勉学を学ぶとともに集団生活の経験も積める、人間の基礎を作れる場所です。 今までは毎日毎朝、通学を繰り返して学校に通い、授業を受けて夕方には部活という風に丸一日が拘束さ …
no image

重さ120kg巨大ナマズが釣りあげられる

イタリアの川で重さ120kgを超える超巨大ナマズが釣り上げられた。   この巨大ナマズを釣り上げる格闘は1時間にも及んだ模様。釣り上げたユーリさんは、「20年の釣り人生の …
no image

火炎放射器?ライトセーバー型ライター

『スターウォーズ』に登場するライトセーバーのようなライターが作成されたと話題になっている。というか火炎放射器・・・? ↓動画  作成者はSufficiently Adva …
no image

最強の止血器具『XSTAT 30』一般販売へ

アメリカ食品医薬品局が”XSTAT 30”という医療用器具の一般への市販許可を出した。 これは銃に撃たれた怪我人がきちんと治療を受けるまでの間、応急処置的に使用するものだ。 これまでXSTAT 30は …
no image

クリスマスイブ 地球に隕石衝突の可能性

クリスマスイブに隕石が衝突すると噂になっている。  問題となっているのは「2003 SD220」という小惑星で、クリスマスイブに最も地球に接近するというのだ。もしこの小惑星が地球に …