ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

ホッケの水揚げ量8割減・・・

投稿日:

バターや野菜の値段が上がったり、原油価格が下がったり。モノの値段は日々変動する。 だが、安倍政権はインフレターゲット2%を目指していたはずなのに、デフレに戻るという予測も出ている。そんなご時世にニッチな需要から高騰しているものとは!? 直近5年のデータをもとに検証する。

「ホッケ」かつての大衆魚は激減によって高級魚に変貌

 ニッチな高騰の中にも我々の生活を直撃するものもある。それがホッケだ。国内における水揚げ量は’15年で約80%(※’10年が約8.4万t→’13年が約2.8万t/農林水産省『漁業・養殖業生産統計』より)と大幅減。

 知床のホッケ漁師は「以前は市場で1尾400円程度だったのが今や650円。しかもかつては魚用の長皿からはみ出るほどのサイズだったのが、今や長皿に収まっており、小型化してしまった」と嘆く。水揚げ量が少なく身も小ぶりでは高騰も避けられない。チェーン居酒屋の仕入れ担当が続ける。

「以前はホッケを500円以下で提供していたが、今は900円台。お客さまも高騰していることは知っているので 、クレームはないですが、『もう少し手が届く価格にしてほしい』という声も寄せられており、心苦しいです」


【ホッケ1尾 約400円⇒約650円】水揚げ量の9割を占める北海道内の市場での平均的販売額。乱獲や温暖化による水温の上昇なども理由に挙げられているが、直接の因果関係は完全には解明されていない

 

ホッケ

 

引用:日刊SPA!

 

 

お酒のつまみに最適なホッケがこのままではなくなってしまうかも・・・

 

サンマなどもそうですが、日本がガンガン獲りすぎたのがいけなかったのかな?

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

和歌山で75cmの『トゲオオイカリナマコ』発見

 和歌山県串本町有田の串本海中公園センターは、同町の海で採集し、本州で初記録となった大型の南方系ナマコ「トゲオオイカリナマコ」(全長約75センチ)を展示している。 採集した同センターの飼育員 …
no image

預金がスーパーのレジで引き出せるようになる?金融庁が規制緩和へ

 金融庁は、スーパーなどのレジでもキャッシュカードで口座から預金を引き出せるよう規制を緩和する、と発表した。みずほ銀行などが2017年にもサービスを始める準備をしている。ATMがない店のレジ …
no image

ロシアで535kgの巨大イノシシ捕獲

ロシアのチェリャビンスク市に住む猟師のピーター・マキシモフさん(36)が、巨大イノシシを餌でおびき寄せて捕獲した。  この巨大イノシシ、なんと体重535kg!後ろの車と比べるとかな …
no image

ハロウィン仕様のgoogle 魔法使いの猫ちゃんゲームが面白可愛い!

はじめに本日、10/31はハロウィンらしいですね。  そんなハロウィンにgoogleからのプレゼントがあります。そう、毎度お馴染みのゲームです!  ハロウィン! …
no image

鹿児島県奄美大島 『リュウキュウアユ』 生息数過去最多を記録

鹿児島県の奄美大島にしか生息していない『リュウキュウアユ』の個体数が今秋の調査で8万匹にも上った。これは過去最多の数字であり、専門家は近年の豪雨の影響など河川環境が改善したとみている。 &n …