ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

三重県で黄金色に輝くヒラメが捕獲される!

投稿日:

三重県鳥羽市の答志島沖で14日、黄金色をしたヒラメが小型底引き網にかかった。
「とても珍しい」と15日に鳥羽水族館に引き渡され、展示水槽に入れられた。

答志漁港の北約3キロの漁場で操業していた漁師の山下孝貴さん(31)が14日正午ごろ、漁船に網を引き揚げ見つけた。 「旬のヒラメを狙っていたが、見た瞬間びっくりした。表も裏も白いカレイは見たことがあるけど、こんな色は」。 一緒に乗り込んだ漁師歴40年以上の父親も「こんなのは初めて」と驚いたという。

裏は普通のヒラメと同じ白。 体長約70センチ、重さ4キロで大きいという。

鳥羽水族館によると、黄金色っぽいヒラメは以前も持ち込まれ、水槽に入れておくうちに本来の黒っぽい色に変化したという。

魚類担当飼育員は
「ヒラメは一定程度、体色を変化させることができるが、 これだけ黄色が強いのは、生まれながらか、成長途中で黒い色素が欠けたのではないか」と推測する。

写真:黄金色のヒラメ

 

黄金ヒラメ

 

引用:朝日新聞

 

 

 

思ってた以上に黄金色でした!

黄金っていうより黄色かな・・・?

 

単純に色もスゴイんですが、

これだけ目立つ色してたのに、こんな大きくなるまで生きられたってこともスゴイ。

 

保護色?知らん知らんって感じ。

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ブラック企業大賞 セブンイレブンが受賞

パワハラや長時間労働、賃金未払いなどを従業員に強いる悪質な企業を選出する『ブラック企業大賞2015』で見事セブンイレブン・ジャパンが大賞を受賞した。     今年で第4回目となるこ …
no image

『ドフラインイソギンチャク』東京湾で10年ぶりに発見

1904年に採集されて以来、国内で確認されていなかった『ドフラインイソギンチャク』が約110年ぶりに東京湾で発見された。  来年1月11日まで標本を千葉県勝浦市、県立中央博物館分館 …
no image

食用バナナ 不治の病で絶滅の危機!?

 先生バナナはおやつに入りますか?そんなことを言っている場合ではない。 みんな大好きな果物、あの『バナナ』になんと不治の病が流行っているらしい。 その元凶は通称『Trop …
no image

空へ向かって流れる滝

イギリスのキンダー川を流れる水が、空へと向かって流れる様子が動画に収められた。 キンダー川はイギリスのダービシャー州ピーク・ディストリクトを流れる川だ。 嵐による暴風で、なんと滝の水が下ではなく、上へ …
no image

水木しげるさん(93歳) 死去

『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる水木しげるさん(93歳)が11月30日朝、多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなってしまいました。     私の中では、お年にもかかわらず牛丼を元気よく …