ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

和歌山で75cmの『トゲオオイカリナマコ』発見

投稿日:

ナマコ 75cm

 

和歌山県串本町有田の串本海中公園センターは、同町の海で採集し、本州で初記録となった大型の南方系ナマコ「トゲオオイカリナマコ」(全長約75センチ)を展示している。

採集した同センターの飼育員、平林勲さん(25)は「なかなか見る機会のない生き物なので、これを機に多くの人に変わったナマコを見ていただきたい」と話している。

このナマコは亜熱帯や熱帯のサンゴ礁域に生息。日本では沖縄や高知などで生息が確認されており、今回で5例目となる。本州では初記録で、分布の北限記録を更新した。

同センターによると、7日午後3時ごろ、平林さんが同センターの海中展望塔から約40メートル沖の水深約7メートル地点で石の下にいたのを発見した。黒潮に乗って偶発的に串本に流れ着き、成長した極めてまれな例だという。

体表にいかり状の骨片が散在しており、触手を使って砂に混ざった有機物や藻類、微生物などを食べる。夜行性。大きい物で全長1メートルを超え、ウミヘビに間違えられることもあるという。

 

引用:紀伊民報

 

大きいと全長1mってすごい!

というか気持ち悪いです・・・

 

ナマコってもっとずんぐりむっくりしてるイメージだったけど、こんな細長いのもいるんですねぇ。

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

重さ120kg巨大ナマズが釣りあげられる

イタリアの川で重さ120kgを超える超巨大ナマズが釣り上げられた。   この巨大ナマズを釣り上げる格闘は1時間にも及んだ模様。釣り上げたユーリさんは、「20年の釣り人生の …
no image

絶滅危惧種 コビトカバの赤ちゃん死亡

 先月、英国のブリストル動物園で絶滅危惧種である『コビトカバ』の赤ちゃんが亡くなりました。生後五ヵ月だったそうです・・・ ↓亡くなったコビトカバの赤ちゃん  コ …
no image

新種のカニ『テントクジヒキガニ』 大仙市で発掘された化石

秋田県大仙市大沢郷で1992年に見つかったカニの化石はヒキガニの新種だったことが、千葉県中央博物館の鑑定によって判明した。  化石は2つあり、見つかった場所の地層(天徳寺層)にちな …
no image

フルハウスの続編!『フラー・ハウス』制作決定

昔懐かしの『フルハウス』なんと20年ぶりに帰ってきました! ↓題名は『フラーハウス』  フルハウスから20年後のストーリーを描く。Netflixの公式ディスクリプションに …
no image

テラスハウスに出演していた今井洋介さん(31)死去 原因はダイエット?

テレビ番組『テラスハウス』に出演していた今井洋介さん(31)が心筋梗塞の為、