ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

絶滅危惧種 コビトカバの赤ちゃん死亡

投稿日:

コビトカバ 赤ちゃん

 

先月、英国のブリストル動物園で絶滅危惧種である『コビトカバ』の赤ちゃんが亡くなりました。

生後五ヵ月だったそうです・・・

 

↓亡くなったコビトカバの赤ちゃん

 

 

コビトカバは現在、世界中でおよそ2000匹しか生息していません。

 

このようにとても貴重な動物の命が失われてしまうのは絶滅へ一歩近づいてしまったことになります。

 

どうにかして絶滅するのを救ってあげたいですね。

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

『ドフラインイソギンチャク』東京湾で10年ぶりに発見

1904年に採集されて以来、国内で確認されていなかった『ドフラインイソギンチャク』が約110年ぶりに東京湾で発見された。  来年1月11日まで標本を千葉県勝浦市、県立中央博物館分館 …
no image

重さ120kg巨大ナマズが釣りあげられる

イタリアの川で重さ120kgを超える超巨大ナマズが釣り上げられた。   この巨大ナマズを釣り上げる格闘は1時間にも及んだ模様。釣り上げたユーリさんは、「20年の釣り人生の …
no image

鹿児島県奄美大島 『リュウキュウアユ』 生息数過去最多を記録

鹿児島県の奄美大島にしか生息していない『リュウキュウアユ』の個体数が今秋の調査で8万匹にも上った。これは過去最多の数字であり、専門家は近年の豪雨の影響など河川環境が改善したとみている。 &n …
no image

キモかわ?ハリモグラの赤ちゃん

オーストラリアのパース公園で、人間飼育下初のハリモグラの赤ちゃんが生まれました。  今まで、ハリモグラの人口飼育は難しいとされていましたがパース公園の試みによりハリモグラ飼育の新し …
no image

『リュウグウノツカイ』が生きている状態で水族館に

幻の深海魚といわれるリュウグウノツカイが22日朝、石川県の能登半島で、定置網に生きたままの状態で見つかり、近くの水族館に運ばれた。 リュウグウノツカイは、体長約3メートル、深海魚といわれてい …