ねる@ろぐ

豆知識中心の雑多ブログです。

ニュース

新種のカニ『テントクジヒキガニ』 大仙市で発掘された化石

投稿日:

秋田県大仙市大沢郷で1992年に見つかったカニの化石はヒキガニの新種だったことが、千葉県中央博物館の鑑定によって判明した。

 

テントクジヒキガニ

 

化石は2つあり、見つかった場所の地層(天徳寺層)にちなんで『テントクジヒキガニ』と命名された。秋田市の県立博物館で来年4月3日まで公開されている。

 

 

発掘したのは秋田市の趣味で化石発掘をしている五井昭一さん(63)です。

五井さんはこの化石を県立博物館に寄付。同館から鑑定依頼を受けた研究員がヒキガニの新種であることを突き止め、2013年にポーランドの学会で発表した。昨年10月には地質専門家らとの共著で専門誌『スクリプタ・ジオロジカ』に論文を掲載した。

 

 

 

ヒキガニは北極海や北太平洋などに現生する。今回見つかったヒキガニは現生種に比べ甲羅のえらの部分がドーム状に大きく膨らんでおり、新種と結論付けられた。ヒキガニの化石は国内外で数えるほどしか出土しておらず、出土自体が貴重だという。

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

火炎放射器?ライトセーバー型ライター

『スターウォーズ』に登場するライトセーバーのようなライターが作成されたと話題になっている。というか火炎放射器・・・? ↓動画  作成者はSufficiently Adva …
no image

品薄バター 一体どこに消えてるの??

 最近ずっと言われているバター不足。牛の夏バテ説、企業側の陰謀説と色々と原因が挙げられています。 そこで今年のバターの生産量を見てみると、生産量:65万9000t この生 …
no image

ロシアで535kgの巨大イノシシ捕獲

ロシアのチェリャビンスク市に住む猟師のピーター・マキシモフさん(36)が、巨大イノシシを餌でおびき寄せて捕獲した。  この巨大イノシシ、なんと体重535kg!後ろの車と比べるとかな …
no image

“毛ネイル”最近流行ってきている気持ち悪いネイル

女性は身なりに気を遣うのが当然になっている現代。化粧やウィッグなど、様々なものを駆使しておしゃれをしています。 そんな女性の身だしなみですが、中には男の人に理解してもらえないようなものもチラ …
no image

『ドフラインイソギンチャク』東京湾で10年ぶりに発見

1904年に採集されて以来、国内で確認されていなかった『ドフラインイソギンチャク』が約110年ぶりに東京湾で発見された。  来年1月11日まで標本を千葉県勝浦市、県立中央博物館分館 …